移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

【酒田市】WANTED LOCAL HERO!協力隊を募集【限定3名】

松山🌇 飛島🐟 の2つの地域で計3名の隊員を募集します。

酒田市は、山形県の北西部に位置し、最上川が日本海と出会う古来より開けた港町です。
東北有数の秀峰「鳥海山」と山形県唯一の離島・不思議アイランド「飛島」を背景に、豊かな緑を湛える広大な「庄内平野」が広がります。
国内でも屈指の銘柄を誇る庄内米が育つ田園風景が広がり、海岸沿いの砂丘地ではメロンやイチゴも生産されています。「世界に誇る米と酒」「絶品の海の幸」「山々から注ぐミネラルたっぷりの清らかな水と、豊かな土壌が育む農産物」は、酒田が世界に誇る宝です!
豊かな自然と悠久の歴史に刻まれた文化を大切にしつつ、重要港湾酒田港を中心とした交流都市として、順調な発展を続けています。

酒田市長の口ぐせは、人が宝という意味の「人財」。
酒田市では、市民参画・市民が主役のまちづくりを進めています。
そんな酒田で、地域住民のみなさん(人財)と一緒に、地域の未来のために取り組んでみませんか!

【活動地域・募集人数とミッション】
■松山地域(活動拠点:南部コミュニティセンター)募集2名■
・地域の食を活用したビジネスモデルの構築
・地域資産を活用した、にぎわい創出
・コミュニティセンター(旧小学校)を活用した事業の企画

Q松山地域ってどんなところ?
<歴史が生きている>
松山藩2万5千石の城下町として栄えた地域です。地域内にはかつての大手門や濠が残り、能や砲術などの旧藩時代の伝統が今なお息づいています。また、旧小学校を活用した持続可能な地域づくりを目指した活動を実施している地域です。

■飛島地域(活動拠点:とびしま総合センター)募集1名■
・島内の課題解決
・地域資源を活用した事業の企画運営
・「鳥海山・飛島ジオパーク」を中心とした飛島地域の情報発信、イベント等企画運営

Q飛島地域ってどんなところ?
<日本海に浮かぶ離島>
日本海に浮かぶ周囲12㎞の小さい島。独特な植生と地形が見られる豊かな自然の中、昔ながらの漁村の暮らしが息づいています。人口減少、高齢化が進んでいますが、近年、飛島に新しい生き方を見出して暮らし始める若者たちが増えています。

日程 随時
開催場所 山形県 酒田市
参加自治体・参加団体 山形県酒田市
詳細 【募集対象】
(1)任用の日現在で、年齢がおおむね 20 歳から 45 歳の方
(2)現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎地域を除く)に在住し、任用後に酒
田市の活動地域に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方
(3)心身が健康で、かつ地域住民とともに地域づくり活動に取り組む意欲・情熱を持っている方
(4)普通自動車免許を有する方(AT限定可)
(5)一般的なパソコン操作ができる方(インターネット、ワード、エクセル、パワーポイント)
(6)土日祝日の勤務(行事参加等)や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる方
(7)任期終了後も酒田市に定住し、就業・起業する意欲のある方
(8)地方公務員法第 16 条の欠格事項に該当しない方

【勤務条件】
(1)勤務日数 原則として週5日間
(2)勤務時間 1週あたりの目安を30時間以内とし勤務を割振ります
※原則として夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で調整します。

【雇用形態及び活動期間】
(1)酒田市の非常勤職員(会計年度任用職員)として酒田市長が任用(採用)します。
(2)任期は、令和2年4月1日から令和3年3月31日までとします。
ただし、最長で令和5年3月31日(3年間)まで延長します。
※従事の開始について、採用内定後、現職の退職手続等のため、(2)の任期初日から
の従事が難しい方は、調整可能な場合がありますので、ご相談ください。
(3)令和3年4月1日以降の任用については、双方協議の上、その都度選考を実施し、市が判断します。
(4)服務については、地方公務員法が適用され、政治活動禁止、信用失墜行為の禁止、守
秘義務などが課されます。隊員としてふさわしくないと市が判断した場合は、任用期間中であってもその職を免ずることができるものとします。(地方公務員法第 28 条及び第 29 条の適用)

【報 酬】
月額 166,600 円 ※時間外勤務手当、期末手当があります。退職手当はありません。

【待遇及び福利厚生】
(1)社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険に加入します。
(2)活動期間中の住居については、市が用意します(家賃は市が負担)。
(3)光熱水費、通信料、生活用品等については隊員負担とします。
(4)活動に使用する車両については市が用意します。
※活動に要する燃料費は市が負担します(上限あり)
(5)勤務時間中は、活動に必要なパソコン、業務用品等を貸与します。
(6)研修等参加のための旅費は市が負担します(上限あり)
(7)引越しに必要な経費については、隊員負担となります。
締め切り日 2020/10/01
お申し込み 【応募受付】
令和2年1月26日(日曜)~
※応募が予定人員に達するまで募集を継続し、随時受け付けます。
※郵送で受け付けます。なお、提出された書類は返却いたしません。

【提出書類】
応募用紙(下記よりダウンロードして使用してください)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。令和2年度酒田市地域おこし協力隊応募用紙(PDF:194KB)
お問い合わせ 〒998-8540 山形県酒田市本町二丁目2-45
酒田市役所 市民部 まちづくり推進課 宛
電話:0234-26-5725 ファックス:0234-26-4911
Eメール:machi@city.sakata.lg.jp