移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

★☆やまぐちで農業!☆★ 農業を目指しているみなさまへ、山口県で農業技術を修得しませんか?

山口県では、『やまぐち就農支援塾・担い手養成研修生』として、本格的に農業に従事する社会人を対象として、1~2年間の農業技術研修を実施し、円滑な就農・就業を支援します。

『やまぐち就農支援塾・担い手養成研修生』について

【研修概要】

(1)対象者
研修終了後、新たに山口県内で農業経営を開始、又は集落営農法人等への就業を目指し、研修に専念できる社会人(既に農業経営を行っている者は除く)。

(2)研修期間
令和2年5月1日(金曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで(予定)
※研修開始時期は、個別に調整が可能な場合があります。

(3)研修の内容
①1年目は、山口県立農業大学校において、栽培技術、飼養管理技術、農業経営の基礎知識を修得する実践研修を実施します。
②2年目は、より実践的な栽培技術や農業経営管理を修得するため、希望者に対しては、主に就業希望市町に派遣する研修を実施します。

◆コースと専攻
自営就農(野菜・花き・果樹・肉用牛・乳用牛)
法人就業(水稲、麦、大豆、野菜など、就業する法人に合わせて品目を選定)
◆定員
10名程度
◆主な内容
自営就農や法人就業に求められる農作物の栽培や家畜の飼養管理及び機械利用技術等の修得

(4)研修日および研修時間
①研修日
月曜から金曜日(土日祝日及び年末年始は原則休日)の研修で、月20日程度(作物管理のために休日に実施することがあります)。
②研修時間
午前8時30分から午後5時15分まで(状況によっては早朝、または夕方に研修があります)
※研修日・研修時間は、天候、作物等の生育状況、実習内容等により変更することがあります。
(5)受講料
受講料は無料ですが、傷害保険料や各種資格取得に係る費用等は実費負担となります。

=====『やまぐち就農支援塾・担い手養成研修生』募集について=====

日程 2020/4/10(金)必着
開催場所 山口県農業大学校(詳しく→ 公式
詳細 ★募集概要★
(1)募集の手順
①申込に際しては、就農・就業を希望する市町や、県農林水産事務所等へのご相談や、各種農業体験研修(農大及び現地)等を通じて、将来の就農崎や経営目標等を明確にしたうえでご応募ください。また、研修に係る相談は随時お受けします。農大に電話(0835-27-2714 担当;梶間、齊藤)または、直接お越しください。
②申込書に必要事項を記載し、山口県立農業大学校(就農技術支援室)まで持参又は郵送で提出してください(郵送の場合は書留)。

(2)申込書
申込書は以下からダウンロードください。

令和2年度担い手養成研修4次募集要領 (PDF : 237KB)

令和2年度担い手養成研修申込書 (Word : 29KB)

令和2年度担い手養成研修申込書 (PDF : 257KB)

 

(3)募集及び選考スケジュール

募集期間:3月16日(月曜日)~4月10日(金曜日)
面接選考:4月20日(月曜日)
※面接選考は山口県農業大学校(アクセス→ 公式)で行います。
※合否判定の結果は、各応募者に通知します。
※面接日や研修開始時期の希望は、調整可能な場合がありますので、予めご連絡ください。

(4)受講生に対する支援
研修開始後、国や県の定める要件を満たした場合は、各種支援を受けられることがあります。(農業次世代人材投資事業[準備型]など。事業要件を満たした場合でも、予算の状況では支援を受けられないことがあります。)
※各種支援を検討される場合には、必ず農業大学校にご相談ください。
※研修を中断または研修終了後に就農・就業しないなど要件を満たさない場合は、返還が必要となります。
(5)その他留意事項
研修には、大型農業機械の操作や高所作業、薬剤散布等が含まれます。実習を安全に行うため、申込書の健康状態の欄には、現在の状態、既往症を必ず記入してください。また、不測の事態に備え、投薬・治療中の場合は、薬剤名、医師からの指示事項等を記入してください。
締め切り日 2020/04/10
お申し込み ★提出先★
山口県立農業大学校(農林総合技術センター農業担い手支援部)就農・技術支援室
〒747-0004 山口県防府市牟礼318
TEL:0835-27-2714
持参又は郵送で提出してください(郵送の場合は書留でお送りください
お問い合わせ ◆山口県立農業大学校(就農・技術支援室) 担当:梶間、齊藤(雅)
TEL:0835-27-2714/FAX:0835-27-2710
◆山口県農林水産部農業振興課 経営体育成班 担当:住居、馬屋原
TEL:083-933-3375/FAX:083-933-3399