移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

尾花沢市が『里山の守り人』を募集します !

山形県 尾花沢市🍉では、地域の活性化を図るために尽力してくれる
地域おこし協力隊員『里山の守り人』を募集します 🌳

森林経営管理業務 (1名)
尾花沢市の林業については、所有者の高齢化及び不在地主による里山の荒廃や後継者不足など多くの課題があります。令和元年度より森林経営管理制度が施行され、新たな体制を整備し民有林を適切に管理し活用していくための活動に取り組みます。

【活動内容】
・山林所有者への森林経営に関する意向調査
・森林施業プランナー資格取得及び経営計画等の提案
・北村山森林組合と連携した森林整備実務に関する活動

🍉尾花沢市「地域おこし協力隊」応募用紙 (word)
🍉尾花沢市「地域おこし協力隊」応募用紙 (PDF)

日程 2020/3/31(火) ※消印有効
開催場所 山形県 尾花沢市
定員 限定1名
参加自治体・参加団体 山形県 尾花沢市
詳細 <募集対象>
・年齢:任用の日において満20歳以上の概ね50歳まで
・申し込み時点で、都市地域等に在住し、採用後に尾花沢市内に住民登録を移し居住できる方・地域の活性化に意欲があり、集落になじむ意思のある方
・明るく、協調性があり、コミュニケーション能力の高い方・協力隊任期終了後も、地域活性化支援や定住を考えている方
・心身ともに健康で、誠実に業務を行うことができる方
・普通自動車運転免許を取得している方
・PCの基本ソフト(ワード、エクセル、パワーポイント等)、インターネット、SNS等の知識を有し、活用できる方

<募集人数>
1名

<活動場所>
市役所を活動拠点とし、市内での活動が中心になります。ただし、市外や近隣都市でのPR活動などに従事する場合もあります。

<活動時間>
週35時間1日7時間を基本とします。

<活動開始>
令和2年4月以降(具体的な日程は、市事務局との調整により決定します。)

<雇用形態・任用期間>
・市の会計年度任用職員として市長が任用します。
・期間は、任用日から令和3年3月31日までとします。ただし、取り組む姿勢等により、最長で2年間延長する場合があります。
・活動は、原則として月曜日から金曜日までを基本とし、活動内容によって休日等(振替休日対応)に活動していただく場合もあります。

<賃金等>
月額報酬(月額180,600円)と期末手当が支給になります。これ以外の手当(退職手当等)の支給はありません。

<待遇・福利厚生等>
・宿舎は市が用意し、入居費は無料です。(ただし、転居にかかる費用等は自己負担となります。)
・活動用車両は、市が用意し費用を負担します。(ただし、活動以外の使用は認めません)
・活動に使用するパソコン等事務機器は、市が貸与します。
・活動の為の作業着、防寒着等は市が貸与します。・活動に関して出張する場合は、市の会計年度任用職員の例により旅費を支給します。
・社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。

<休日>
・休暇・基本的に土曜日、日曜日、祝日及び年末、年始は休日とします。
・有給休暇は1月に1日とします。
締め切り日 2020/03/31
お申し込み <募集期間>
令和2年3月31日(火) ※ 消印有効

<選考の流れ>
【応募方法】
下記書類を山形県尾花沢市定住応援課まで郵送またはご持参下さい。
①尾花沢市地域おこし協力隊応募用紙
②履歴書:書式は任意。写真(6ヶ月以内、上半身、無帽、正面)貼付
③レポート(A4用紙1枚程度で書式は自由。)
テーマ:「地域おこし協力隊に応募した動機と行いたい活動」
※応募書類は返却いたしません。
提出いただいた個人情報は、本公募にのみ使用し、その他の用途には使用しません。

【提出先】
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
尾花沢市役所 定住応援課地域支援係 宛

【選考方法】
◇第一次選考・受付受理後、応募書類をもとに書類選考を行います。選考結果は、応募者全員に文書にて送付します。
◇第二次選考・第一次選考合格者を対象に面接を行います。
日時等は、第一次選考結果通知の際にお知らせします。(交通費は応募者負担となります。)
◇面接後、合否結果を通知します。
お問い合わせ 〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
尾花沢市定住応援課 地域支援係
【TEL】  0237-22-1111(内線214)
【E-mail】 area-support@city.obanazawa.yamagata.jp