移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

自伐林業を実践したい移住者

林業の研修・実践を行いながら、林業以外のしごとづくりに取り組み、将来、半林半Xというライフスタイルを目指す移住者を募集します。

申込受付期間:令和2年1月6日(月)~2月21日(金)(必着)

第2回現地案内会を下記の日程で開催いたします。
日にち:令和元年12月21日(土)
時 間:9:30~16:00 広島駅集合、解散
※事前申し込みが必要です

日程 2020/2/21(金) ※募集締切(必着)
開催場所 広島市安佐南区沼田町戸山地区
広島市佐伯区湯来町水内地区
定員 広島市安佐南区沼田町戸山地区 1名
広島市佐伯区湯来町水内地区 1名
詳細 詳細はこちらも併せてご覧ください。

 支援期間
 令和2年7月1日~令和3年6月30日
(最長令和5年6月30日まで延長)

 半林半Xで定住するための活動内容
(1)移住地区に居住(住民票の異動が必要です)し、自伐林業に就業するための活動を行う。
・ 1年目は、自伐林業に必要な技術等を習得するため、林業基礎研修を受ける
(年間1,400時間以上)。
・ 2年目以降は、自伐林家として自立するため、上級研修や林業の実践に取り組む
(年間1,050時間以上)。
・ 1年目から地域住民と協力し、未利用材搬出作業を行う。
(2)経済的に自立するため、定住に向けた就業・起業準備等を行う。
(3)地域との融和を図るため、町内会等の自治組織に加入し、地域と協調した活動に取り組む。
(4)移住地区での新たなライフスタイルについてSNS等により地域内外に積極的に情報発信する。

 広島市からの支援内容
・ 林業基礎研修、上級研修の実施(研修に最低限必要な林業道具は支給します。)
・ 林業に関する助言
・ 地域住民の紹介や地域の会合等への本市職員の同行など、地域への溶け込みを支援
・ 給付金月額17万5,000円の支給(収入の状況により減額となる場合があります。)
・ 移住する際に必要な引越費用の助成 (経費の1/2・上限10万円)

 支援条件(支援期間中、次のすべての条件を満たす必要があります。)
・ 上記の「半林半Xで定住するための活動内容」をすべて行うこと。
・ 研修先の指揮及び監督に従うこと。
・ 傷害保険、賠償責任保険に加入すること。
・ 民間事業者等との常勤(週35時間以上で継続的に労働するものをいう。)の雇用契約を締結しないこと。
・ 生活費の確保を目的とした他の事業による給付等を受けないこと。

 住居
住居については、移住地区の住民から地区内の物件について情報提供があります(家賃は自己負担です)。

*原則として、支援期間終了後5年以内に移住地区から転居した場合又は林業を廃業した場合は、給付金等の全額返還となります。
締め切り日 2020/02/21
お申し込み 申込手続及び受付期間
(1)提出書類
(1)広島市半林半X移住者支援事業選考試験申込書
(2)レポート「私が目指す森林・林業」
(3)住民票の写し(コピー不可)
(令和2年1月6日以降に発行の応募者本人の記載のあるもの)
(4)普通自動車運転免許証のコピー

(2)提出先
広島市経済観光局農林水産部農林整備課

(3)受付期間
令和2年1月6日(月)~2月21日(金)【必着】
お問い合わせ 経済観光局 農林水産部 農林整備課 森林係
電話:082-504-2249 /  FAX:082-504-2259
メールアドレス:nourin@city.hiroshima.lg.jp