地域のトピックス

今年も『みなとメディアミュージアム(MMM)』へ行ってきました~

ひたちなか市の那珂湊駅周辺で開催されている今年で10周年を迎えた「みなとメディアミュージアム(MMM)」に行ってきました。

今年も那珂湊駅構内にいるかっぱに無事に会えました。
展示されていた作品をちょこっとご紹介します。

1. 百華蔵


那珂湊駅すぐそばにあるコミュニティー施設「百華蔵」での展示作品です。
スタッフの方から段ボールを渡され「ちぎって床にそのまま置いてください」と言われ、段ボールの砂浜づくり体験をしてきました。巨大なたまごには写真のように穴が開いていて、中に入ることもできます。

2. 工場跡

百華蔵の反対側にある工場跡での展示です。
写真を水に直接印刷し水槽の中でその写真を再現する装置「Soul Reclaim Device」、「You are gone, You are here」、線香花火に火をつけた瞬間から消えるまでのプロセスを超長時間露光している写真作品「Lightigure」の3作品が展示されていました。

3. ケハ601(おさむシアター)

おさむシアターでは面白い6つの映像作品を見ることができます。"モフモフ動物" いい感じでした。

4. ブリアン&那珂湊駅

この他にも展示作品がありますので、是非、那珂湊駅周辺での街歩き&アート鑑賞をしてみてください。アートマップは那珂湊駅内で配布しています。

「みなとメディアミュージアム」は今週末の9/8(土)までの開催です!

【みなとメディアミュージアム(MMM)】
日 程: 2018年8月19日(日)~9月8日(土)
定休日:月曜日
観覧料:無料
開場時間: 11:00~18:00
詳細:http://minato-media-museum.com/

 

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

藤岡

プロフィール

三重県鈴鹿市出身。幼少期の自然体験・農業体験をきっかけに農学部を志願し、偶然「茨城県」へ。大学卒業後、茨城県常陸太田市の里山に囲まれた宿泊施設で勤務。プライベートで中山間地域の空き家を借りる。慣れない暮らしに悪戦苦闘したものの、地域のなかでいきいきと過ごした時間は宝物。2019年4月より茨城県相談員に着任。

相談員から一言

ふと目をやれば自然がある、お野菜や果物がおいしい、車で少し走れば山も海もカフェもお店もある、個性豊かに生きる人たちがいる。
茨城県に住んでいたとき、私が「豊か」と感じたことです。その半面、大変さを感じたこともあります。
「移住」は「手段」だと思います。ご自身やご家族の叶えたい暮らしや生き方が実現できるかどうか、一緒に考えていきましょう。お気軽にご連絡ください。いばらき、住んではいいとこですよ~!