地域のトピックス

移住相談を受けつつ思う(Uターン)

Uターン移住を検討されている方のなかには、自分のことを 「落ち武者」 と自虐的に評価されている方がいらっしゃいます。 文科省唱歌 ”仰げば尊し”「♪身をたて名をあげ・・・♪」の影響でしょうか。
そのためか、地元に友人や知人がいるにも関わらず、その方々にUターン検討に必要な仕事や住居の相談をせずに、悶々とした後で止む無く当センターに来られる方をお見受けします。
当センターでは、相談に来られる人には情報は極力新しいものを提供できるようにその鮮度管理に努力していますが、それでも地元在住の人達が地元で直に仕入れられるものにはとうてい及びません。
Uターン移住をご検討で、もし地元に友人や知人がいるような方は是非その方達から支援を頂いて、事前に十分な準備を重ねたうえで行動に移すことが、移住リスクを少なく抑えることに繋がると思います。 それでも移住してみれば「こんなはずじゃなかった」、「期待していたのとは違った」・・・と言う事が幾つも起こるのが普通です。 そのときにも、事前に友人や知人から支援を頂いていれば、その方達に引き続き支援を受けることができることでしょう。

旅行でその土地を訪れることと、そこで生活をすることとではその土地の生活・文化を知る という意味ではその体験の深さが大いに異なります。 首都圏で生活をされてきた皆様のその体験は、ズーット地方暮らしの地元の方々にとっては貴重なものではないでしょうか。 首都圏の生活でリアルに感じられた喜怒哀楽はそれが何であってもすべて貴重な体験です。 もしかしたら、地元にとっては明治の頃の  ”洋行帰り”  のような貴重品に相当するものかも分かりません。

Uターンとは、地元に戻り首都圏でしたためた経験を基に、地元への貢献のために本領を発揮するお役目と考えます。 今、まさに検討されている移住は、満を持したその機会到来というところでしょうか。

私は、太極拳を習っています。 そのなかで片足で立ち、残った足と両手を伸ばして バランスをとる技があります。 伸ばした手足が微妙に震え、立っている側の足の膝・股関節もガタガタ震えていることが自分では分かります。 でも、よほどの達人で無い限りその私の震えは一般の観客からは分かりません。
私は自分の体感は他人には分からないものと悟って、心に起こる不安を抑えて表演しています。 心の制御は太極拳の表演も移住も同じかも分かりません。


↑心がゆれる技

湧き起る不安を受入れ、他人の目を気にせず、移住という大事なお役目を地元のために果たす。 自分はこの場所で自分の本領を発揮するという強い意思を持って、故郷に戻ることが大切なことのように思います。

住んでみんで徳島で!移住相談センター とくしま移住コンシェルジュ

山代

プロフィール

大学進学を機に上京し、卒業後東京の電機メーカに就職。会社の転勤で徳島県勤務を体験。退職を機に宗教系大学院で人の心に寄添う臨床宗教を修め、更にカウンセリング資格も取得。2017年8月から転勤でご縁を頂いた徳島県の移住相談コンシェルジュを勤めています。

相談員から一言

南海の大海原、大河の吉野川、四国一の剣山の大自然にひたれる気候温和な環境です。このような環境のもとでQuality of Lifeを高めたい人にはお薦めの地です。移住を決断されようとする皆様のその思いに寄り添い、お役に立つご支援をさせて頂きます。 ご興味のある方はお気軽に徳島県移住相談センターへお越しください。