地域のトピックス

【 9月9日(日)開催】ふるさと回帰フェア2018@東京国際フォーラム

第14回ふるさと回帰フェア 2018
- 人生には「地方暮らし」という選択肢もある -

今年も開催されるNPOによる国内最大級の移住マッチングイベント!
全国47都道府県約370の自治体・団体が大集合!
移住を希望する地域の住まい・就業などの相談に応じます。
茨城県からは、茨城県 [いばらき移住・二地域居住推進協議会](3ブース)、日立市(1ブース牛久市(1ブース)が出展します。

【開催概要】
ふるさと回帰フェア2018
日時:2018年9月9日(日) 10:00~16:30
会場:東京国際フォーラムホールE(展示ホール)、ロビーギャラリー
入場料:無料
詳細:ふるさと回帰フェア2018

茨城県 [いばらき移住・二地域居住推進協議会](ブースNo 茨城 -1~3)
東京まで最短で約30分。都市的な生活や農のある生活も可能で、海も山も湖まである欲張りな茨城県。 そんな茨城県であなたらしい暮らしを見つけてみませんか?

ふるさと回帰フェア2017 (茨城県ブース)

<参加自治体>
茨城県、常総市、常陸太田市、高萩市、鹿嶋市、潮来市、那珂市、筑西市、行方市、茨城町、大子町、境町
※茨城県のブースでは県内全域、就職相談も承ります。

~ いばらき移住・二地域居住推進協議会 相談時間スケジュール ~
 時間 ブース1  ブース2 ブース3
10:00~11:30 高萩市 & 常総市 行方市 & 境町 茨城町 & 茨城県
11:30~13:00 常陸太田市 & 常総市 筑西市 & 那珂市
13:00~14:30 高萩市 & 大子町 鹿嶋市 & 潮来市 茨城町 & 茨城県
14:30~16:00 常陸太田市 & 大子町 筑西市 & 那珂市

※相談時間は変更になる場合もございます。

日立市(ブースNo 茨城 - 4)
茨城県日立市は産業の歴史と文化、豊かな自然と最先端の技術があります。この環境に身を置けば、暮らしと仕事、両方を充実させることができます。移住や就職を希望している方など、この機会に参考にしてください。

牛久市(ブースNo 茨城 - 5)
都心まで電車で約50分とアクセスが良好で、豊かな自然と都市機能が共存する暮らしやすいまちです。公園や病院も多く、子育て支援も充実。都内で働きながら、週末は牛久らしいイベントをたくさん楽しめます。

前夜祭シンポジウム

前日の9/8(土)には前夜祭シンポジウムが開催されます。

前夜祭シンポジウム
記念講演「文化芸術による地域づくり」北川フラム(アートディレクター)
パネルディスカッション「共感力をつくる」~地方に向かう若者たち~
日時:2018年9月8日(土)14:30~18:00 ※要事前予約
会場:有楽町朝日ホール
詳細:前夜祭シンポジウム

皆様のご来場、お待ちしております!

◆問い合わせ先◆
いばらき暮らしサポートセンター(担当:渡辺)
E-mail:ibaraki@furusatokaiki.net
TEL:080-9552-5333

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

渡辺

プロフィール

茨城県古河市出身。大学進学・海外留学を経て、一旦Uターン就職後、都内にて就職。教育関連業界、IT業界を経て、2015年5月より「ふるさと回帰支援センター」内の「いばらき暮らしサポートセンター」の相談員をつとめる。

相談員から一言

魅力度ランキングは低くても、結構何でも揃っているのが茨城県。そんな茨城県は、1.温暖な気候と交通アクセスの良さの住みよさ、2.農業と工業がバランスした働きやすさ、3.少子化対策・充実した教育環境が整った子育てにも安心の暮らしやすさがあります。都心への通勤圏内での暮らし、手付かずの豊かな自然が広がる里山での暮らし、海を眺めながらの暮らし、現在のお住まいと茨城県の2拠点での暮らしなど、同じ県内でも文化もライフスタイルも異なる地域特性を活かして、程よい田舎での理想の暮らしを実現することができる茨城県。また、関東屈指の農業大県ということもあり、就農支援にも力を入れています。少しでも茨城県にご興味のある方は、お気軽にいばらき暮らしサポートセンターにお越しください。