地域のトピックス

高萩茶寮 期間限定 古民家カフェ 7/21(土)~9/2(日)

高萩茶寮 県指定文化財「穂積家住宅」期間限定 古民家カフェ

古くは万葉集にも「手綱の浜の歌」が詠まれ、茨城県北地域における
国の行政機関が置かれるなど文化、歴史の中心地として栄えてきた高萩市。
紅葉の名所「花貫(はなぬき)渓谷」、日本の渚・百選に選ばれている「高戸小浜海岸」など
風光明媚な自然の魅力は多くの来訪者を惹きつけています。

高萩市に佇む築二百年以上の茅葺古民家『穂積家住宅』(茨城県指定文化財)
今もなお当時の生活の息吹を感じられるこの空間を活用し
地元食材を使った期間限定のカフェ『高萩茶寮』がオープンします。

銀座「六雁(むつかり)」の総料理長 秋山 能久 氏 監修のもと、夏季限定メニューとして高萩市の「花貫(はなぬき)フルーツほおずき」や「ブルーベリー」「常陸大黒」といった地元特産品を使ったかき氷、スイーツなどの甘味をご賞味いただけます。

高萩茶寮
住所:茨城県高萩市上手綱2337-1「穂積家住宅」
営業期間:2018年7月21日(土)〜 9月2日(日)
営業時間:11:00 ~ 16:00 (L.O 15:30)
TEL: 050-5239-7924(予約不可)
ホームページ:http://www.takahagi-saryo.com/

◆高萩茶寮の最新情報をお届けするFacebookページ
https://www.facebook.com/takahagisaryo/
◆高萩茶寮の日常を写真でご紹介 Instagram
@takahagisaryo

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

藤岡

プロフィール

三重県鈴鹿市出身。幼少期の自然体験・農業体験をきっかけに農学部を志願し、偶然「茨城県」へ。大学卒業後、茨城県常陸太田市の里山に囲まれた宿泊施設で勤務。プライベートで中山間地域の空き家を借りる。慣れない暮らしに悪戦苦闘したものの、地域のなかでいきいきと過ごした時間は宝物。2019年4月より茨城県相談員に着任。

相談員から一言

ふと目をやれば自然がある、お野菜や果物がおいしい、車で少し走れば山も海もカフェもお店もある、個性豊かに生きる人たちがいる。
茨城県に住んでいたとき、私が「豊か」と感じたことです。その半面、大変さを感じたこともあります。
「移住」は「手段」だと思います。ご自身やご家族の叶えたい暮らしや生き方が実現できるかどうか、一緒に考えていきましょう。お気軽にご連絡ください。いばらき、住んではいいとこですよ~!