地域のトピックス

山形県出張記~最上地域編~

村山地域出張に続き、最上地域での勉強会&視察に行って来ました!
今回も1泊2日のスケジュールの中、視察は2日目朝8:30~最上地域全8市町村を回りました。

新庄市

新庄市では、元地域おこし協力隊の吉野優美さんが、
任期終了後に一般社団法人を立ち上げOPENした、古民家スペース最上のくらし舎へ。
元々洋裁店だった民家を再利用し、「空き家活用」を軸に 地域の「担い手づくり」と
「情報発信」を 目的に立ち上げました。

とっても素敵な空間で、落ち着く場所です。
DIYも住民の方や役場の方々が協力して行ったとのこと。
みんなが気軽に集まることができる、そんなスペースだと感じました。

その後、移動してエコロジーガーデン「原蚕の杜」へ。
登録有形文化財にもなっている元蚕糸試験場には、ゲストハウスやカフェ、
産直場が設置されていました。
月一回開催されるkitokitoマルシェは毎回大盛況で、伝統野菜や伝統工芸品なども並ぶそう。
ランチはこのガーデン内の「コミューンアオムシ」でいただきました。
お店のご主人も新庄市に地域おこし協力隊で来た方で、
なんと、最上のくらし舎 吉野さんとご夫婦なんです!


地元の採れたて野菜にひと手間加えた、優しい前菜と


もちもちのパスタで、心も満たされました!!

こちらの写真は、コミューンアオムシの2階にありますフリースペース。
元蚕糸試験場ということで、長~いスペースになっています。
卓球台があったり、本棚があったりと広々とした誰でも自由に入れるエリアです。

当日の夜は、
新庄駅にあります「十割蕎麦と鴨料理 かもん」へ市町村の方々と伺いました。
このお店は、大蔵村の直営農家から届く最上鴨、最上早生の贅沢な十割蕎麦を提供しています。
今回は、鴨のフルコースをいただきました!


初の鴨のフォアグラは、とろけるような滑らかさで感動的な美味しさ!
最上地域の食の豊かさを体感できました。

戸沢村

最上地域〜庄内地域へ渡る、最上川船下りのスタート地点にある戸沢村には
立派な藩船番所があります。


東北人なら誰もが知る「最上川舟唄」を聞きながら、2日目の視察がスタートです!

大蔵村

大蔵村役場の方も同乗し、大蔵村各所を案内していただきました。
豪雪で知られる肘折温泉(今年は4メートルの積雪!!)には
遊び心のある郵便局が!

そして、どこまでも連なる山々と美しい棚田の風景には、
山形での豊かな暮らしをイメージすることができます。


毎年夏には、ほたる火が灯る幻想的な空間の中でのコンサートを開催しています。

舟形町

廃校となった小学校を再利用した「長沢集学校」という施設を視察。

廃校を再利用し、IT普及と地域活性化を目指す「おかえり集学校」プロジェクトを推進。
「楽しむ」「触れる」「相談する」「遊ぶ」「学ぶ」など様々な視点から施設を活用し、
ITに関する相談や学習場所、地域の人々が気軽に集える場所となることを目指しているそう。
そして、この学校にはちゃんと校長先生もいるのです!
山形出身で、東京に本社を置くIT機器リサイクル事業を展開している会社の社員でもあります。
山形支社として着任し、地元の方々とのさまざまなプロジェクトに関わっているそう。


一番右手が校長の、甲州さん

また、住民も利用出来る予約制のスペースには、地元で作られた和紙を使った照明や、
地元の職人に特注したソファーなどが使われていました。


最上町

こちらも廃校を利用した施設、「みつざわ未来創造館らいず」にお邪魔しました。

施設の中にある「たらふく工房」は、地元のお母さんたちが手作りする農家レストラン。
数日前に全国放送で紹介されたとあり、店内は大盛況。
旬のアスパラをふんだんに使った御膳は、このボリューム!(ご飯+味噌汁付)

撮り忘れてしまいましたが、さらに大きな(20㎝超え!)アスパラの一本漬けも付いて¥1200!
豊かで新鮮な食材を、お母さんたちが丁寧に作ったお料理は、ホッとするやさしい味でした。

その後、町が建設した若者定住環境モデルタウンを視察。

最上町は、若者向け住宅やバイオマスエネルギーなど「すまい」の取組が充実しています。
施設内の床暖房と駐車場の融雪には、このバイオマスエネルギーが利用されています。
また、周辺には保育園、小中学校、病院、福祉施設、役場などが集中し、
スーパーも徒歩圏内と生活しやすい環境が整っていました。

真室川町

温泉施設、コテージ、公園が集まった施設「湯ノ前おら家」へ。

協力隊の拠点になっている施設で、併設されているフリースペースでは、様々なワークショップやフリーマーケットを協力隊が企画し開催しています。
公園にはトロッコ列車も走っており、週末は子ども連れの家族で賑わうとのことでした。

鮭川村

鮭川村では、若者定住促進住宅を見学しました。
既に全ての住宅が入居済みとのことで、今年度中に同じ敷地内に5戸増設し、
移住世帯を積極的に受け入れる取組みを行っています。

最後に

最上地域では、地元の方々の 控えめながらも温かな人柄と、
滋味深い食の豊かさを感じることができました。
そのどちらも、厳しい寒さの中で育まれたこの地域ならではのものだと思います。
ひときわ地域に根ざした、正に田舎暮らしを満喫できる最上地域でした。

やまがたハッピーライフ情報センター 移住コンシェルジュ

海月

プロフィール

カウンセラーを目指し、心理学を学ぶため16年前に上京。人材派遣・福祉・大学などさまざまな業界でカウンセリング業務に携わる。東日本大震災を機にふるさと東北と自分自身を見つめ直し、復興支援の足掛かりとしてふるさと回帰支援センターへ。

相談員から一言

山形といえば牛肉・サクランボなどが有名ですが、それだけではありません!「歴史と文化のある町、山形」は、大きく4つの地域に分かれそれぞれの特徴を持ち、また新たな産業・医療・教育に取り組むチャレンジの町でもあります。北国の厳しさで育まれる豊かな自然と温かな人たちがいる山形、ご興味をお持ちの方はぜひ窓口へお越しください。お待ちしています。