地域のトピックス

天草の崎津集落 世界遺産へ

2018年6月30日 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産登録が決定されました。
今回登録されたのは、熊本県天草市の崎津集落、長崎県長崎市の大浦天主堂や平戸市の平戸の聖地と集落、島原市の原城跡など12資産。国内の世界遺産は22件目。熊本県内では、万田坑(荒尾市)、三角西港(宇城市)に続く3件目。

★今回の『潜伏キリシタン関連遺産』とは? 価値は?
17~19世紀にかけてキリスト教が禁止されていた時代に、厳しい弾圧に耐えながら、ひそかに信仰を続けた人々の歴史を伝えるもの。潜伏キリシタンの隠れて信仰する生活が始まって、信仰が許されるまでの長い歴史を伝える集落、教会堂が登録。約250年におよぶ厳しい弾圧を受けながらも信仰を続けてきた人々の心の強さ、信仰の強さ、信仰の姿(目に見えないものを目に見える形で残された)が世界でも貴重な価値と認められました。

この夏、長崎&熊本へ旅してみませんか?
よくばりツアーのモデルコースを作ってみました。
公共交通機関で移動、長崎は大浦天主堂や軍艦島、天草はイルカウォッチングと崎津集落を巡ります。(ちょっと欲張りすぎ?!)
※長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産:http://kirishitan.jp/
※軍艦島:https://www.gunkanjima-concierge.com/
※天草ぐるっと周遊バス:https://www.t-island.jp/bus

 

くまもと移住定住 支援センター 相談員

清原

プロフィール

熊本県熊本市出身。アウトドアが好きで海や山、温泉など熊本の自然を満喫しています。自宅には自前のキャンプ道具がいっぱい。また、学生の頃はバックパック旅行も好きで、社会人になってからは旅行業界に従事し、旅行の企画や添乗、観光プロモーションをやっていました。

相談員から一言

山あり、海あり、川あり、温泉あり、キレイな水あり、くまモンあり。45市町村、それぞれの自然や温泉や文化的遺構や産業があり様々なライフスタイルが選べます。あのあこがれの景色のその中へ。熊本へきなっせ。