地域のトピックス

五島市【ブランドメッセージ総選挙】開催中

五島市ブランド・メッセージ総選挙
~あなたの投票が「五島市の未来」をつくります~

こんにちは。
ながさき移住サポートセンター移住相談員の浅野です。

五島市では、いま持っている魅力を活かし「今後どうありたいか」を表す言葉をブランド
メッセージとし、総選挙を開催中です。

<ブランド・メッセージとは>
Uターン(五島市に帰ってきた人)やIターン(五島市に移り住んだ人)の有志グループ「ディ
ープキャラバン隊」のメンバーで、1年間にわたり研修や会議を重ねて考えました。
五島市がいま持っている魅力を生かし「今後どうありたいか」を表す言葉です。
このメッセージに共感してもらえる人にこそ、五島市に来訪し、定住してほしいという想
いも込められています。

五島市が大好きな方!是非投票をお待ち申し上げております。
___________________

<五島市ブランド・メッセージ案>

□案1 「わたしがわたしに還る島」
今日も海は果てしなく広い。夜空を見上げれば、星がキレイ。
隣の漁師さんからもらった魚が美味しい。
ああ、極上。
魂の解放、こころの再生。
あたりまえの日々の中で、わたしは“人間”に戻る。
ここは都会のような“便利さ”も“サービス”も“娯楽”もないけれど、
わたしがわたしでいられる、お金では買えない暮らし。
自分を見つめ直し、可能性と向き合い、表現できる場所。
島は私を映し出す万華鏡(カレイドスコープ)。

□案2 「“あなたらしい”暮らし、あります」
見る・聞く・嗅ぐ・触れる・味わう。そんな生活に私たちは戻っていく。
この島には、夢や想いを描ける余白がまだまだある。
この島には、ほんのちょっと手を差し延べてくれる、
ゆったりとした支え合いがある。
ありのままの自分で、新しい一歩を踏み出せる。

□案3 「島で、夢が、動き出す」
見る・聞く・嗅ぐ・触れる・味わう。そんな生活に私たちは戻っていく。
この島には、夢や想いを描ける余白がまだまだある。
この島には、ほんのちょっと手を差し延べてくれる、
ゆったりとした支え合いがある。
ありのままの自分で、新しい一歩を踏み出せる。
___________________

【長崎本部】ながさき移住サポートセンター移転のお知らせ
長崎県庁舎の移転に伴い、長崎本部も移転しました。
新しい事務所は、移転した長崎県庁舎の1階にありますので、お気軽にお越しください。
<新住所>長崎市尾上町3番1号 長崎県庁内1階

長崎県への移住についてはこちら
ながさき移住ナビもあわせてご覧くださいませ
3/17(土)長崎県で働こう! U・Iターン転職個別相談会予約承り中です

ながさき移住サポートセンター 東京窓口 相談員

山田

プロフィール

長崎県長崎市出身。元ブライダルカメラマン。
現在4歳の息子がおり、都会での育児を体験したことで、長崎の子育て環境の良さにも気付くことができました。移住を検討している子育てママのご相談もお待ちしております!

相談員から一言

長崎県は地域によって地形も文化もさまざまで一言では伝えきれない魅力があります。一度、長崎を旅して美しい景観や県民性に触れてみて欲しいと思います。
長崎県に移住をお考えのIターンの方もUターンの方も、ながさき移住サポートセンターをぜひご利用ください!