地域のトピックス

能登町の魚屋・下平鮮魚店

                                   『田舎暮らしの本』2017年12月号掲載

 私の生まれ育った町の魚屋さんが
『田舎暮らしの本 12月号』の働く人に掲載されています。

石川県能登町宇出津沖でとれた魚を冷蔵車に載せ、山間部に点在する集落を行商している下平さんが紹介されています。

下平鮮魚店さんと聞いて思い出すのは、20数年前、私の姉が甥っ子達が喜ぶと思い「生きたズワイ蟹と香箱蟹を送って」と下平さんに頼んで送ってくれたこと。

娘は「生きてる。生きてる」と大喜び!!
息子は「怖いよー」と大泣きしたことを思い出す。

(ここの2階での食事が、とても美味しいことも私は知っている。)

いしかわ移住UIターン相談センター 移住相談員

松本

プロフィール

「あばれ祭り」で有名な能登町宇出津出身。高校卒業後、東京・金沢・富山県南砺市・東京と移り住む。2015年4月より「石川県アンテナショップ」内の移住窓口で相談員として勤務。2016年10月より「ふるさと回帰支援センター」内の「いしかわ移住UIターン相談センター」移住相談員に着任。

相談員から一言

小さな県ながら多彩な個性がつめこまれた石川県では、移住のカタチもとことん「自分流」が楽しめます。子育てや教育、住宅、食などの豊かさは他では味わえない魅力があります。こんな石川県で、あなたも理想の暮らしを実現してみませんか。