地域のトピックス

心の休暇村で暮らす。

大阪市内から車で約1時間半。
和歌山県中部に位置する日高川町(ひだかがわちょう)は、日本一長い二級河川・日高川の流れに沿って集落が点在しています。
美しい清流を生むのは、町の9割を占める森林。もともと林業が盛んで、実は紀州備長炭の生産量が日本一なんです。

日高川町の移住者受け入れの歴史は古く、約25年前に地域住民が移住者受入推進協議会を立ち上げ(旧中津村)、サポートを行ってきました。
現在は、「ゆめ倶楽部21」という移住者受入協議会が日高川町全体の移住サポートを行っています。

【体験から交流へ、交流から移住へ】がキャッチフレーズで、体験型観光や農家民泊など、単なる観光ではなく町と交流できるメニューが充実しています。
また、先輩移住者の皆さんが【田舎暮らし案内人】として地域の情報提供や暮らしのアドバイスをしてくれます。

まずは、東京発着の現地体験ツアーに参加し、この地域の人々と交流してみませんか?

*トップの写真は、この町で毎年10月に開催される「笑い祭」の様子。おどけた衣装と化粧をした鈴振り役が「笑え、笑え!」と町を練り歩く光景を見ると、とっても陽気で幸せな気分になります♪

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

宮地

プロフィール

和歌山県和歌山市出身。高校卒業までを和歌山県で過ごし、県外の大学に進学し、2013年4月、Uターンで和歌山県庁入庁。2018年4月から移住アドバイザーに就任のため上京、和歌山を恋しがりながら、東京生活を送っている。もちろん、みかんは大好き。

相談員から一言

海、山、川、雄大な自然にかこまれた和歌山県。意外とアクセスも良いんです!豊富な資源、温暖な気候、あったかい人、美味しいごはん・・・すてきな「WAKAYAMALIFE」を送りませんか。たくさんの力強い味方があなたの移住をサポートします♡