地域のトピックス

家族で小山(おやま)に泊まりませんか?おやまステイ大募集!

静岡県の北東部に位置し、神奈川と山梨の県境に位置する「小山町」。
「おやまで暮らそう課」という専門の課で、移住・定住に取り組んでおり、
ポータルサイト「ASUO」や「facebook」で日々色々な情報を発信しています。

富士山麓の山々に囲まれた、緑豊かな静かな町、小山町。
首都圏から近いにも関わらず、豊かな自然の中で暮らせます。
そんな小山町に泊まって、小山暮らしを体験しませんか?
小山町のホストファミリー宅に泊まれる「おやまステイ」に参加する家族を募集!
滞在中にご家族で楽しめるアクティビティも企画中です。
ぜひぜひご応募お待ちしております♪

【応募条件】
・田舎暮らしや移住に興味があること
・ご家族で参加できること(親子、夫婦)
・参加費として、滞在期間分のご家族参加費をお支払いいただくこと
※1泊2日 大人(15歳以上)2,000円、小学生1,000円、幼児(3歳~3歳)500円、3歳未満無料

【おやまステイ期間】
・第1期 平成29年10月~11月
・第2期 平成30年2月~3月
※滞在期間は1泊1日~最長6泊7日まで(宿泊先と要相談)

【参加申し込み】
郵送:〒410-1395 静岡県駿東郡小山町藤曲57-2 小山町役場おやまで暮らそう課 宛
メール:kintaro@ip-s.jp
専用応募フォームはコチラ
※家族写真の添付が必要になります。

【応募締め切り】
・第1期 平成29年10月31日(火)
・第2期 平成30年2月28日(水)
※各10組募集

【お問い合わせ】
・金太郎ファミリープロジェクト事務局
電話:055-946-6171(平日9時半~17時)
メール:kintaro@ip-s.jp

・小山町役場おやまで暮らそう課
電話:0550-76-6137(平日9時~17時)
メール:kuraso@fuji-oyama.jp

”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター 相談員

宮嶋・橋本

プロフィール

宮嶋:静岡県浜松市浜北区出身。県内の短大卒業後、公務員・交通指導員など地域密着の仕事に従事した。結婚退職後は夫の転勤で県内東・中・西部7カ所に転職しながら帯同し、各地で働きながら子育て。2010年に転勤により上京、総合病院勤務を経て、2015年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

橋本:東京郊外に生まれ、小学校入学と同時に父の転勤で静岡県へ。高校卒業までを御殿場市と沼津市で6年間ずつ過ごす。山梨の大学を卒業後、上京。IT業界などを経て、2017年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

相談員から一言

宮嶋:静岡といえば富士山含む山・海・川など豊富な自然と食文化で産業・農林業も盛ん。便利な地方都市と、温泉など観光地や森林も県内全域にあり、仕事も余暇も充実の魅力が満載。新幹線通勤からプチ&どっぷり田舎暮らしまでどーんとおまかせ。温厚なお人柄の静岡県民は、都会では難しい「地域でのびのび子育て」を実践しています。ライフスタイルをゆとりある「しずおかスタイル」にチェンジし、「ゆとりすと」の仲間入り♪

橋本:今の職場のまま新幹線通勤したい。地方で暮らしたいけどある程度の便利さはほしい。海や山のそばでゆっくり田舎暮らしがしたい。そんな様々な思いに応えることができるのが静岡県です。温暖な気候と豊かな自然、のんびり穏やかな人たちに囲まれて、すこやかな毎日を過ごしませんか?こんな生活がしたい、静岡のことが知りたい、などなど、ぜひお話ししにいらしてください!