地域のトピックス

女性向け移住ガイドブックの編集会議 vol.2

秋から動いている新潟県の女性向け移住ガイドブックをつくるプロジェクト。
週末にはアドバイザーさんをお呼びして2回目の編集会議を行いました。

会場は、長岡市与板町にあるゲストハウス「長岡ゲストハウス ねまる&かざあな」さん。長岡弁で“座る”を意味する「ねまる」の名の通り、ゆっくりと落ち着ける素敵な空間でした。

今回の編集会議は前回から協力していただいているアドバイザー伊佐友美さん、斉藤友香さん、「イナカレッジ」井上有紀さんの3名に加え、移住アンケートに答えてくれた2名が参加。

新潟に移住するときに困ったことや移住検討時に欲しかった情報など、Uターン・Iターン経験者ならではのリアルな声をたくさんいただきました。

他にも、タイトルやデザイン案に対する意見や新潟でおすすめしたいイベントやスポット、商品など、企画の肝となる部分の確認からページごとに取り上げるトピックまで詳細に打ち合わせをしました。

今回のガイドブックは、気軽に新潟に触れる側面と、自分なりの新潟での暮らし方を考える側面と両方を兼ね備える予定です。

ちょっと新潟が気になっている人はふらりとお出かけできるような、移住を考えている人はもっと深く新潟暮らしを感じられるような、そんな冊子を作れるよう、精一杯頑張りたいと思います。

※冊子は年内に発行予定です。出来上がったら、こちらのページでも報告させていただきます。

★新潟の暮らし発見マガジン「にいがたレポ」にも紹介されています★
「にいがたレポ」
https://niigata-repo.com/works/works-10888/

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた にいがた暮らしコーディネーター

本間

プロフィール

新潟県柏崎市出身。高校卒業後、新潟県内・東京都内・埼玉等に在住。新潟県と関東圏を行き来し生活した経験を生かし地元に貢献したいと考えるようになり、2019年8月より「にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた」移住相談員をつとめる。

相談員から一言

新潟県は東京まで新幹線で約2時間ほどと、便利な環境ながらも、「夏の海の綺麗さ」や「冬の雪を被った綺麗な山並み」など四季の移ろいがはっきりと感じられる、自然豊かなところです。一方で、日本海側最大の都市もあり、色々な移住の可能性があるところも特徴だと思います。お米もお酒もお魚も新鮮でおいしいですが、なんといっても「人の面倒見の良さ」「あたたかさ」が一番の魅力だと思います。移住を考えた時、地元に戻ってみたくなった時まずはお気軽にお越しください。お話しながら一緒に叶えたい暮らしを考えていきましょう。