地域のトピックス

11月24日「デニムのまちで暮らす」セミナーレポート

11月24日の日曜日は、岡山が誇るデニムとかかわり移住をしたお2人をゲストにセミナーを行いました!

倉敷市からのゲスト「ダンジョデニム」を立ち上げた福川太郎さん

福川さんは茨城県出身。以前音楽活動をされていましたが、デニムにたいする情熱のあまり、デニムの本場、倉敷市に移住し、自らのブランドを立ち上げ販売しています!!児島産業振興センターの支援を受けながら活動しています。

※児島産業振興センターとは・・・倉敷市でアパレル関連活動をしているデザイナー等が相談や指導を受けたり、繊維関係の設備が整った場所で活動しながら入居できる施設です。現在満員のようですが、空きがあれば入居要件を満たせば入居できる様です。(当ブースにもチラシを準備してあります)詳細はコチラをご参照ください。

当日も自らの製品を纏って来訪されました!

左側が福川さん。素敵なデニムのロングコートです。(アドバイザー金子(右)も岡山産デニムで参加)

井原市からのゲスト 井原市地域おこし協力隊 齋藤さん

齋藤さんは、夫が仕事を急きょ退職し、どうせなら中国四国地方に移住しよう!と考えたところ、井原市地域おこし協力隊の仕事に目がとまり、移住。デニムをPRすることがミッションでしたが、デニムに触れていくうちにすっかりデニムが大好きに!現在の活動は現地のデニム工場のツアー企画をしたり、デニム珈琲(味は何度も試飲を重ね、美味しいコーヒーが完成しました)を販売したりしています。

齋藤さんの着用している上下のデニムも素敵!井原デニムです。

デニムのことはもちろん、移住して良かったことや、苦労話(虫が多くてびっくりした・車を持っていないから移動が大変等)、生活の様子なども伺えました。お2人のトークが楽しく暮らしのイメージを描くことができました(またお2人の環境や移住のきっかけが対照的だったのも面白かったですね)

個別相談ではゲストのお2人のほか、倉敷市、井原市の職員さんも暮らしの相談を対応。皆様時間いっぱいまで真剣に相談をされていました。

定員20名程度で行う小規模なセミナーのメリットは、相談者さま・ゲスト・自治体関係者の関係が近くなり、より丁寧に暮らしの相談ができます。相談員との1:1の個別相談とも異なり、交流の場としての役割も持っています。
次回、1月にも岡山県は様々なセミナーを開催する予定です。是非お越しくださいね。

リンク
倉敷市 https://www.city.kurashiki.okayama.jp/iju/
井原市 https://ibaragurashi.jp/

 

おかやま晴れの国ぐらし IJUアドバイザー

金子

プロフィール

両親の地元は神奈川県。転勤族で、新潟県に生まれ、石川県や静岡県など転々とし、現在は都心部在住。福祉系大学卒業後、老人保健施設相談員、居宅支援事業所のケアマネジャー等福祉関係の仕事に従事していた。数年前に旅行で訪れた岡山に魅了され、何度も訪れるようになる。将来は移住を検討中。

相談員から一言

初めて岡山を訪れた時、早朝の静かな川に映る朝日を見てここで毎日朝を迎えたいと感じました。瀬戸内海に沈む夕日、豊富な魚介類や果物、丁寧に作られた布商品や焼き物、美しい星・・・岡山は、訪れる度新しい発見・魅力が溢れる場所です。自然や美味しいものに囲まれ心豊かな生活をしてみませんか?まずは窓口に気軽にお越し下さい。