地域のトピックス

【愛媛県】地域おこし協力隊が製造販売。宇和島・奥南のみかんジュースが「GINZA SIX」に登場!

こんにちは。えひめ移住コンシェルジュの松岡です。
今月20日、東京・銀座の松坂屋銀座店跡地でオープンする商業施設「GINZA SIX」の内覧会に参加してきました。開業を前にテレビなどで取り上げられる機会も増えていますね。

なぜ移住コンシェルジュが商業施設の内覧会に?と思われるかもしれませんが…
実は、6階レストランフロアに入る「Salt grill&tapas bar by Luke Mangan」で宇和島市奥南地区の地域おこし協力隊、渡部さんが製造販売するみかんジュースが提供されることになったのです!

渡部さんは昨年9月、宇和島市奥南地区の地域おこし協力隊に着任。かんきつ農家の担い手を目指して就農研修を受ける一方で、「宇和島奥南エンゲージメント」を立ち上げました。奥南地区の農家からかんきつ類を買い取り、委託工場でジュースに加工。首都圏や関西圏で販売することで、奥南地区や現地で栽培されるかんきつのPRに取り組んでいます。
レストランは、オーストラリア人シェフがプロデュースしたタパスや肉料理が提供されます。私も試食させてもらいましたが、スッキリとしたみかんジュースは肉料理との相性も良いのです♡
窓際の席では銀座の街並みを見ながら、食事を楽しむことも。おいしいお料理と一緒に宇和島奥南のみかんジュースをぜひお楽しみください!

えひめ移住コンシェルジュ

松原

プロフィール

愛媛県出身。転職を期に上京。WEBでの就職情報サービス、映像制作会社での事務職を経て、2018年7月より、えひめ移住コンシェルジュを務める。
地方、ライフスタイルに加え、現代アート、オーガニックなどに興味あり。

相談員から一言

瀬戸内海に面している四国・愛媛県。小説のなかの世界みたいと言われるほど、のんびりしたところが多いかもしれません。山あり、海ありのコンパクトシティ。移住者も増え、地元住民と一緒になってつくる面白い地域が増えています。一方で、まだまだ未開の地もあり、それぞれが能力を活かせる可能性があるように思います。趣味の時間も大切に、楽しむことも好きな県民性です。
ぜひお気軽に窓口へお越しください。