地域のトピックス

登米市イベント報告&ツアーのご案内!

11月10日(日)、東京交通会館6階のgoodoffice有楽町にて、宮城県登米市の「登米市移住セミナー オンリーワンの移住ライフ」が開催されました。

昨年に続き、今年も、先輩移住者である桂川さんの小松菜畑と東京・有楽町の会場をテレビ電話でつなぎ、登米市の空気を感じられる時間となりました。当日の登米市内は快晴。すっきりと気持ちの良い空気が、会場にも伝わってきました。

「登米市での農業とその働き方」や、参加した方からも「なにが移住の後押しになったか」など、桂川さんに直接質問ができるコーナーを設け、桂川さんは、地域の人の温かさや交流などについてひとつひとつ丁寧に答えていました。

会場には、登米市をバーチャルリアリティで体験できるコーナーや、Eスポーツのキッズコーナが設けられ、子供たちが楽しんでいました。また、登米市の朝採りミニトマトや醤油マコロンが試食として振舞われ、参加者同士で話に花を咲かせながら味わっていました。

今回、テレビ電話で登壇してくださった桂川さんは、登米市の移住体験ツアーをきっかけに登米市を深く知り、移住されました。登米市の移住体験ツアーは年に3回の5月、9月、12月。次回は11月30日から12月1日の一泊二日です。

宮城県登米市移住体験ツアー

登米市は、11月17日に開催される「第5回みやぎ移住フェア」にも出展します!ぜひ、自治体の皆さんの温かさに触れ、そして、移住体験ツアーで、「登米市の良さ」を味わってみませんか♪

みやぎ移住サポートセンター 移住・就職相談員

新沼・牧田・久保

プロフィール

新沼:岩手県出身。複数のIT企業で営業、新規事業開発などに従事。東日本大震災の復興支援プロジェクトにプロボノとして関わり、のちに退職してNPO化した復興支援団体に参画し、宮城に移住して被災3県の復興支援事業に携わりました。そのご縁で地方創生に関わり続け、他県の就職移住支援事業を経て今回宮城県の相談員として着任しました。

牧田:生まれは香川県高松市、6歳の時に宮城県仙台市に移住し、19歳まで仙台市で過ごす。以後社会人として京都・大阪・三重・東京に住み、2016年より「みやぎ移住サポートセンター」の相談員として学生からシニアまでの移住・就職相談に対応して来ました。

久保:岩手県生まれ、中高の青春時代を仙台市で過ごし、大学で上京。卒業後にUターンし、フリーアナウンサーとして活動後、結婚を機に再度上京。塾講師、ケーブルテレビ会社勤務などを経て、キャリアコンサルタント。大学勤務経験後、ご縁あって宮城県の仕事に携わっています。2019年4月より「みやぎ移住サポートセンター」移住相談員。

相談員から一言

新沼:東日本大震災を機にみなさんの中にも認識が深まった宮城県。海も山も、都市も田舎も「ちょうどよく」揃ったこの地域には、歴史(実は蔵がたくさん!)も、サーキット(スポーツランドSUGOは国内外で有名なレーシングサーキット!)も、サイクリング(ツール・ド・東北のコース!)も、とたくさんの魅力が詰まった地域です。もしかしたらあなたの新しい人生のキッカケがあるかもしれませんよ!私たちはそのキッカケがみつけられるよう、お仕事も暮らしも人生の大きな転換となる移住をアシストしていきます!

牧田:急速に「環・住・職」の価値観が変わる中、ご相談者にとって最適な宮城県での情報と生活をご提案させて頂きます。宮城県の「移・職・住」でご相談者が幸せになる事を一番大事にしております。是非お立ち寄り下さい。

久保:一年を通して四季の移ろいが明確で、どこに行っても「心地よい」と感じられる宮城県。気になったエリアにはどんどん足を運んでいただいて、四季折々の空気をぜひ味わってみてください。暮らしも、仕事も、ひとも、いろんな距離感が「ちょうどいい」。海も、山も、都市もある宮城県は、きっと、ぴったりの場所が見つかるはず。「自分がどこで生きたいか」「どんな生活を送りたいか」イメージを広げるお手伝いをします。みやぎ移住サポートセンターでお待ちしております!