地域のトピックス

11月の宮城県はイベント盛りだくさん♪(さらにイベント追加です!)

こんにちは、みやぎ移住サポートセンターの久保です。

秋も深まりましたね。

宮城県では、コンビニエンスストアで「薪」が山積みで売られ、あちらこちらの河原では芋煮の良い匂いが漂う季節…

宮城県の芋煮は、豚肉と仙台味噌を使った具沢山!美味しいですよ~!あったまりますよ~!!

ちなみに…お隣山形県は醤油ベースの牛肉、岩手県の芋の子汁は醤油ベースの鶏肉(味噌で豚のところも)。食べ比べ、作り比べても楽しいので、ぜひに♪

イベント盛りだくさんの秋、今月はいろいろなところで宮城県各地のイベントに参加できますよ!

まずは…有楽町交通会館で開催のイベントからご紹介!

登米市移住セミナー  オンリーワンの移住ライフ            ~みんなちがって、みんないい~(11/10)

11月10日(日)に開催。登米市のセミナー!昨年度に引き続き、今年度も登米市と東京の会場をテレビ電話でつなぎます!登米市内の中継先からは、市内で農業に従事する若手移住者が出演。移住の経緯や登米市での生活の様子、今後の目標などをお話していただきます。東京の会場では、みやぎ移住サポートセンターの相談員をコーディネーターに迎え、市長、登米市移住・定住官民連携促進会議委員長、首都圏在住の移住検討者1名、登米市在住の先輩移住者1名の計4名が、パネリストとして移住に関するさまざまなテーマについて意見交換をします。当日は、登米市ならではのお菓子や、先輩移住者が生産したミニトマトの試食、VR体験やeスポーツ体験など、登米市の魅力を体感できる企画が盛りだくさんです!

第5回みやぎ移住フェア ☆移住の不安を解消しよう☆(11/17)

11月17日(日)には、第5回みやぎ移住フェア。先月の第4回みやぎ移住フェアと、みやぎ移住フェア移住支援金特別編は、台風の影響により中止となりました。宮城県内は各地で被害を受け、その影響で今回も、出展予定の自治体が変更になっていますのでご了承ください。また、第4回に参加予定だった大和町が急遽参加決定。仙台市も今年度で唯一の参加回となります。ゲストには、みやぎ移住サポートセンターを通じてキャリアチェンジを果たし、第一線で活躍中の先輩移住者をお迎えします。漠然と移住を考え始めた方も、具体的に進めている方も、ぜひご参加いただいて、みんなで、移住の不安…解消しませんか?

くりはら夜カフェ@有楽町(11/29)

【NEW!!!】11月29日(金)、くりはら夜カフェ@有楽町の初開催決定!2019年5月にスタートした東京くりはらオフィス(日本橋)で、毎月第4金曜日に開催されてきた「くりはら夜カフェ」。カフェスタイルのミニセミナーで「クリハライフ」を楽しむ先輩移住者と移住検討者をつなぐ時間。ゆったりとした場の中で、自分自身の新たな価値を見出したり、都会での暮らしの中だけでは実現できない可能性に気づくかも。今回のゲストは、栗駒六日町通り商店街 地域おこし協力隊の千田昭子さん。トークセッションのテーマは「六日町通り商店街をフィールドとした悪だくみプロジェクトを考えよう!」悪だくみ…なんだかワクワクするワードに、心躍る時間になりそうです★

 

神戸女子が新規就農?!都会暮らしの彼女が田舎で就農できたわけ(11/30)

11月30日(土)は加美町のセミナー。神戸出身、都会暮らしの彼女が、縁もゆかりもない加美の地で就農できたのはなぜ?大学の農学部進学をきっかけに宮城に移り住んだ、岸田紗季さん。土壌研究に熱中する傍ら、沢山の仲間と出会い、そして大学卒業時に彼女が選んだのは…。3年間の地域おこし協力隊の任期を経て、今年の春から新規就農という新たなチャレンジへ。これまでの経験と農業の未来を本人の口から語っていただきます。彼女の周りには、地域の方や協力隊の仲間、生産者等々・・・老若男女関係なくいつも人が集まります。是非、彼女の魅力を直接感じてみてください♪

首都圏で開催のイベントもご紹介!

Fw:東北 Fan Meeting Vol.16(11/7)

11月7日@東京・3331 Arts Chiyoda  学生×農業×地域おこし!—町の名物スイートポテトの継承からはじまる、新しい農村ツーリズムとまちづくり

仙台市&山形市ジョブフェア2021in専修大学サテライトキャンパス(11/15)

11月15日@東京・専修大学 仙台市とお隣山形市が共同開催のイベント

白石の食と暮らしに触れる「東京の真ん中DE芋煮会」(11/16)

11月16日@東京・赤坂 白石市が東京で芋煮!?

地域の魅力発信!移住&地域との関わり創出フェア(11/17)

11月17日@神奈川・横浜 全国から約100の自治体が集結!ステージイベントや名産品の展示販売も♪

アイランダー2019(11/23.24)

11月23.24日@東京・池袋 全国の島々が集まる祭典「アイランダー2019」が2日間に渡って開催!宮城県からは、気仙沼大島、出島、網地島、田代島、浦戸諸島が出展★

ここからは、宮城県内で行われるイベントのご紹介☆彡

みやぎ移住・定住推進県民会議第6回会合(11/9)

本会議への参加には,みやぎ移住・定住推進県民会議会員への登録が必要となりますので,まだ登録がお済みでない方は登録申請書と申込用紙をご一緒にご提出下さい。

【独身女性限定】七ヶ宿・魅力発見発信ツアー秋(10/9.10)

2018年秋にオープンした「街道HOSTELおたて」を拠点にして、七ヶ宿町の魅力を発見してSNSで発信して頂くことができる独身女性を「七ヶ宿魅力発見発信隊員(都度隊員)」として募集!

三陸情熱 縁結び大作戦(11/23.24)

三陸情熱界隈主催の縁結びイベントは、お申込み多数により現在お問い合わせのみ…!

くりはらさざほざ交流会Vol.6(11/27)

移住後も手厚く交流を。栗原市へ移住、転入したけど沢山の方との繋がりを求めている方や、移住を検討されている方等々、いろいろな方の参加OK!移住検討者は2組募集で、締め切りは11/20!

来年度、新しい生活のスタートを切るには、今からのリサーチが必要です♪

それぞれの分野に強い相談員が、しっかりサポートさせていただきます!

みやぎ移住サポートセンターに、ぜひぜひお立ち寄りくださいね♪

え?私(久保)?もちろん!「宮城県の美味しいもの」はお任せくださーい!(笑)

みやぎ移住サポートセンター 移住・就職相談員

新沼・牧田・久保

プロフィール

新沼:岩手県出身。複数のIT企業で営業、新規事業開発などに従事。東日本大震災の復興支援プロジェクトにプロボノとして関わり、のちに退職してNPO化した復興支援団体に参画し、宮城に移住して被災3県の復興支援事業に携わりました。そのご縁で地方創生に関わり続け、他県の就職移住支援事業を経て今回宮城県の相談員として着任しました。

牧田:生まれは香川県高松市、6歳の時に宮城県仙台市に移住し、19歳まで仙台市で過ごす。以後社会人として京都・大阪・三重・東京に住み、2016年より「みやぎ移住サポートセンター」の相談員として学生からシニアまでの移住・就職相談に対応して来ました。

久保:岩手県生まれ、中高の青春時代を仙台市で過ごし、大学で上京。卒業後にUターンし、フリーアナウンサーとして活動後、結婚を機に再度上京。塾講師、ケーブルテレビ会社勤務などを経て、キャリアコンサルタント。大学勤務経験後、ご縁あって宮城県の仕事に携わっています。2019年4月より「みやぎ移住サポートセンター」移住相談員。

相談員から一言

新沼:東日本大震災を機にみなさんの中にも認識が深まった宮城県。海も山も、都市も田舎も「ちょうどよく」揃ったこの地域には、歴史(実は蔵がたくさん!)も、サーキット(スポーツランドSUGOは国内外で有名なレーシングサーキット!)も、サイクリング(ツール・ド・東北のコース!)も、とたくさんの魅力が詰まった地域です。もしかしたらあなたの新しい人生のキッカケがあるかもしれませんよ!私たちはそのキッカケがみつけられるよう、お仕事も暮らしも人生の大きな転換となる移住をアシストしていきます!

牧田:急速に「環・住・職」の価値観が変わる中、ご相談者にとって最適な宮城県での情報と生活をご提案させて頂きます。宮城県の「移・職・住」でご相談者が幸せになる事を一番大事にしております。是非お立ち寄り下さい。

久保:一年を通して四季の移ろいが明確で、どこに行っても「心地よい」と感じられる宮城県。気になったエリアにはどんどん足を運んでいただいて、四季折々の空気をぜひ味わってみてください。暮らしも、仕事も、ひとも、いろんな距離感が「ちょうどいい」。海も、山も、都市もある宮城県は、きっと、ぴったりの場所が見つかるはず。「自分がどこで生きたいか」「どんな生活を送りたいか」イメージを広げるお手伝いをします。みやぎ移住サポートセンターでお待ちしております!