地域のトピックス

愛媛県で山の暮らし<砥部町 旧広田地域>

愛媛県のちょうど真ん中あたりに位置する<砥部町>。
砥部町と広田村が合併して現在の砥部町になりました。
まちの南部、松山空港から車で約1時間ほどの旧広田地域には
豊富な森林資源があり、豊かな自然が広がり、農業や林業などに適した環境があります!

そんな広田の暮らしをご紹介します♪

今回案内してくださったのはこの方々!

砥部町広田支所長の髙橋さん(左)、地域おこし協力隊の尼子さん(真ん中)
そして高市地区は移住の先輩でもある立田さん(右)です。

まずは、旧高市小学校!
2017年3月に、144年の小学校としての歴史に幕をおろし、現在はイベントの会場などとして利用されています。このあたりはホタルのスポットとしても知られているようです。
校章がとってもかわいいですよね!ぶどうがモチーフになっています。


校内はこんな感じで、いい香りが残る木造づくり。平成14年に建てられたそうです。

立田さんは人形劇をされています♪

とても静かな環境にあるので、ものづくりをされたい方などには
ぴったりの場所だと思います。
(気になる方はぜひご相談ください^^)

 

学校のおとなりには、高森三島神社があります。

秋祭りでは、急勾配の階段をお神輿が駆け上がるそうです。
神社に施された宮彫りが見事です!(横に回ると本殿も見ることができます。)

神社から望む高市地区の一部です。

つづいては、広田保育所。元気な8名の園児が出迎えてくれました。

緑豊かな園庭や、畑もありました。現在は月に一度、旧砥部町の方の園と交流しているそうです。

自然の中での子育てが叶う環境で、
現地視察に来られる際には、子育て世帯の方とぜひ意見交換してもらえればと
尼子さんがおっしゃってくれていました。

 

つづいておじゃましたのは、西岡農園さん。
親子3代で高原野菜を作られている、三代目です(写真左)!

ちょうど、ほうれん草の出荷作業をされていました。

苦味がなくてとってもおいしかったです!

ほかにもキャベツをつくられていて、とっても美味しく新鮮なお野菜が手に入る環境です。

 

この他にも、診療所や商店街をまわり、森林組合にもおじゃましました。
林業も盛んで、山の跡継ぎを募集されているところもあるみたいです。

しいたけ栽培の担い手も大歓迎とのことです!

 

こちらは町営住宅。広田地区には複数箇所に町営住宅があります。
まずは町営住宅を利用して、住みながら物件を探していくという方法もあります。

砥部町広田支所の駐車場からの眺めです♪

道の駅ひろたでは、地域の農産物や、名産の梅を使った和菓子などを販売していました。
この日は、きれいな青梅を買うことができました。

様々な催し物なども開催されているので、まずは遊びに行かれてみてください。

★尼子さんの後任となる、地域おこし協力隊も大募集中です!★★
詳しくはこちら↓
https://www.town.tobe.ehime.jp/soshiki/34/tiikiokosi.html

そして、旧高市小学校では、立田さんたちが企画する人形劇と木のおもちゃのワークショップなどを開催中です。お気軽にご参加ください(^O^)

えひめ移住コンシェルジュ

松原

プロフィール

愛媛県出身。転職を期に上京。WEBでの就職情報サービス、映像制作会社での事務職を経て、2018年7月より、えひめ移住コンシェルジュを務める。
地方、ライフスタイルに加え、現代アート、オーガニックなどに興味あり。

相談員から一言

瀬戸内海に面している四国・愛媛県。小説のなかの世界みたいと言われるほど、のんびりしたところが多いかもしれません。山あり、海ありのコンパクトシティ。移住者も増え、地元住民と一緒になってつくる面白い地域が増えています。一方で、まだまだ未開の地もあり、それぞれが能力を活かせる可能性があるように思います。趣味の時間も大切に、楽しむことも好きな県民性です。
ぜひお気軽に窓口へお越しください。