地域のトピックス

どっちがスカイツリーで、どっちが茨城県庁でしょう

どっちがスカイツリーで、どっちが茨城県庁からの眺めでしょう

 

 

・・・言わずもがな・・・、

 

上の写真が東京スカイツリーからの眺め、下の写真が茨城県庁からの眺めです。

 

茨城県は1住宅あたりの敷地面積が全国1位!✨

その結果を実感できるような、ゆったりとした眺めです。

 

茨城県庁の25階は展望ロビーとなっていて、水戸の街なみをぐるりと見渡すことができます。

日立の山や筑波山、太平洋、ラッキーな日には富士山まで見られるかもしれません!

 

茨城県庁展望ロビーのご案内
●平日
午前9時30分から午後8時まで
ただし、毎週水曜日及び金曜日は午後6時45分まで
土曜日・日曜日・祝祭日
午前10時から午後8時まで

 

相談員のお気に入りは、水をはった田んぼです~。
これからの移り変わりが楽しみ。
ぜひ訪れてみてくださいね◎

いばらき暮らしサポートセンター 相談員

藤岡

プロフィール

三重県鈴鹿市出身。幼少期の自然体験・農業体験をきっかけに農学部を志願し、偶然「茨城県」へ。大学卒業後、茨城県常陸太田市の里山に囲まれた宿泊施設で勤務。プライベートで中山間地域の空き家を借りる。慣れない暮らしに悪戦苦闘したものの、地域のなかでいきいきと過ごした時間は宝物。2019年4月より茨城県相談員に着任。

相談員から一言

ふと目をやれば自然がある、お野菜や果物がおいしい、車で少し走れば山も海もカフェもお店もある、個性豊かに生きる人たちがいる。
茨城県に住んでいたとき、私が「豊か」と感じたことです。その半面、大変さを感じたこともあります。
「移住」は「手段」だと思います。ご自身やご家族の叶えたい暮らしや生き方が実現できるかどうか、一緒に考えていきましょう。お気軽にご連絡ください。いばらき、住んではいいとこですよ~!