地域のトピックス

ぬまた起業塾 2019年度開催要項

起業家を育て、元気創造
産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定

沼田市では、起業・創業の促進による経済活性化を図るため、
平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づく「創業支援事業計画」を策定し、
平成27年10月2日に国の認定を受け、関係機関とともに市内において起業・創業を目指す方への支援に取り組んでいます。
国の認定を受けたことにより、創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を受けて
本市から証明書を交付された創業者は、創業関連保証の信用保証枠の拡大や登録免許税の
軽減措置などの特例を受けることができます。

ぐんま暮らし支援センター ぐんま暮らし相談員

藤田・中野

プロフィール

藤田:生まれも育ちも群馬県高崎市。地元の大学を卒業後、旅行会社に勤め前橋営業所勤務からスタートし、東京転勤を機に東京定住となった。旅行会社を卒業後、ぐんまちゃん家で観光案内員の仕事をしたご縁で現在の相談員となる。

中野:東京生まれ。母親が群馬県出身のため、子どもの頃は夏休み等長期休暇を群馬で過ごし、家族が出来てからはラフティングや温泉を楽しむ。群馬の良いところの掘り起こしと、都会の人が素敵に思うところを現地に伝える橋渡しをするのが群馬ハーフの役目と一念発起をする。

相談員から一言

藤田:ぐんまの魅力は、5つあります。都心からの距離感(100キロ・1時間)、交通網の充実(新幹線・高速自動車道・5つの鉄道)、豊富な水資源・長い日照時間により全国有数の農業県、全国2位の物価の安さ、そして強固な地盤に守られた安心安全な土地柄、子育てに最適です。一度おいでください。

中野:相談員1年目に私が推していたのは、東の横綱とまで言われた県内の100以上ある「温泉」。豊富な水と日照により多品目のあらゆる「野菜」が作られている環境。温泉・朝採れ野菜を歓迎しない方はいないと思ったからです。
しかし、今の一番の推しは「人」です。県内の移住をサポートするメンバーが群馬に移住する前に、「あなたの叶えたい暮らし」の仲間や場所を探し紹介します。群馬は移住する前から「人のつながり」ご縁を大切にしています。