地域のトピックス

鳥取県無形民族文化財「流しびなのさん俵」作り手募集します!

鳥取県用瀬町は、鳥取市の南側に位置し、宿場町として栄えた人口約3000人の
山間地域で自然豊かで歴史文化に触れることができます。
最近では、空き家活用による古民家カフェ、若手クラフト作家ビル、ケーキカフェ
などが開業され、空き家の問い合わせも多くなっています。
この度、「流しびなのさん俵」を伝承していた「ときわ流しびなの会」が高齢化のため
31年度に解散することになりました。ひな人形文化や創作活動に興味をお持ちの方
で、創作作家にチャレンジしたい方を募集します。1年間は、ときわ会員の指導協力
のサポートをしていただけます。

募集人数:1~2名
雇用形態:個人事業主
住居:用瀬町での賃貸物件をお紹介します。一軒家 3万円程度 自家用畑の借入可能
※状況によりゲストハウス民泊の運営に携る可能性もあります。

【詳細、ご応募等のお問い合わせ先】
鳥取市立用瀬地区公民館
689-1201
 鳥取市用瀬町用瀬253
電話
0858-87-3108  fax0858-87-3411
cc-mochigase@it.city.tottori.tottori.jp

 

とっとり暮らしサポートセンター 鳥取県専属相談員

浜田

プロフィール

2018年4月より鳥取県の相談員として勤務しております。高校まで鳥取におりまして、大学で一時離れましたが、卒業後再び鳥取に戻りました。地元で働いていたこともありますし、関東方面で仕事をしていたこともあります。
この経験から、田舎のよさや、都会の便利さを比較しながら、鳥取移住を応援したいと思っています。

相談員から一言

鳥取県は、子育て世代の方や、退職後にゆっくり過ごされたい方、U-ターンの方等みんなに優しい県です。待機児童ゼロ、豊かな食、自然、女性のストレスフリーの県で上位。人口は日本で一番少ないですが、移住者の方のサポート体制は万全です!!ぜひ、一度と鳥取へいらして下さい。