移住相談員紹介

「やまぐち暮らし東京支援センター」移住相談員 平尾さん・桐山さんインタビュー

先輩移住者が次の移住者の案内人となり全面サポート

やまぐち暮らし東京支援センター・やまぐち移住コンシェルジュの平尾さんは、山口県周南市のご出身。山口好きが高じて、地元の野菜を東京で販売しているという平尾さん。一方、やまぐち移住コンシェルジュの桐山さんは、宇部市出身で大阪や東京、海外勤務経験を経て相談員に。日々の業務の中でのやりがいや、山口県の魅力、移住者の活動などについてお二人に伺った。

想像以上に責任重大な仕事

―まずは、お二人の山口県の関わりについて教えてください。

平尾さん:出身は山口県周南市です。高校まで山口県で過ごし、結婚を機に上京しました。山口県の新鮮で美味しい野菜を東京の人にも食べて欲しくて、下町のママたちと月に1回販売活動をしています。そこで知り合った方々とのご縁から、ふるさと回帰支援センターを紹介していただき、移住相談員になりました。

桐山さん:出身は山口県宇部市で、大学進学まで過ごしました。卒業後は関西や東京でメーカーの秘書や企業の受付として勤務し、カナダやシンガポールにも在住した経験があります。住む環境を変える時、どのような所に住みたいか?住宅探しは?など、自身の経験を活かせると思ったことと、“山口に詳しい人”という募集を見て故郷の山口と人をつなぐ仕事をしたいな、と思い相談員になりました。

―どのようなところに移住相談員のやりがいを感じますか?

平尾さん:想像していた以上にいろいろな方に会えて楽しいです。でも、同時に責任重大だということも感じます。私自身も山口県に帰ろうかと考えた時期があったので、悩む気持ちがよく分かります。だからこそ、その方に一番良い選択は何かということをすごく考えますね。

桐山さん

桐山さん:相談者には、山口での実際の暮らしについてお話する機会が多いのですが、どの様にご説明するか大変悩みます。良い部分だけではなく、現実的なところまでしっかりとお話をするように心掛けています。でも、自分のふるさとの魅力についてお話しすることは楽しいですね。古民家に住みたいという相談を多くいただきます。前職の経験から古民家の良いところはもちろん、現実的な部分までしっかりとお話しができますし、山口の各地域の魅力についてお話しするのは楽しいですね。

―移住相談員の難しい部分はありますか?

平尾さん:相談に来た方には、県内の様々な地域や近くで開催しているセミナーをおすすめするのですが、もっと良い提案があったかもと悩む時もあります。
ただ、山口県の「やまぐち暮らし東京支援センター」のいいところは、移住相談員の他に就職相談員もいて、その方はキャリアカウンセラーの資格を持っています。私は夢を応援して、その方は現実的な仕事の問題をきちんとヒアリングしてくれるので、両面で支えていてバランスがとてもいいと思います。

桐山さん:相談者の心の中の言葉を聞き出すように心がけています。夢や希望を持って移住をしたのに、実際は全然違っていた…なんてことが無いように、相談者の考えと現実を照らし合わせてお話しをしています。

観光地に行かなくても名所だらけの山口

yamaguchi004

―山口県に帰ることはありますか?

平尾さん:お盆と正月は帰って農家民宿に泊まったりしています。子どもの頃は、家族で秋吉台や萩によく行きました。でも、山口県は観光地に行かなくても名所だらけなんです。温泉や海にもすぐ行けますし、気軽に楽しめる場所がたくさんあります。今でも山口県の人と関わっているので、仕事でも訛りがとれません!上京した頃に知り合った山口県出身の友人が訛っていて、東京でも訛っていいんだと安心してしまったんです(笑)。

桐山さん:山口の人は、受け答えがゆっくりで気さくな人が多いんですよね。現地の人とお話すると、「私、早口になってしまっている…、いけないな。」と気づかされることがありますね。

―平尾さんは、野菜販売以外で山口県に関する活動を何かされていますか?

yamaguchi001

平尾さん:一緒に野菜販売をしているママたちと、ツアーを組んで山口県へ行きました。東京の方に野菜の作り手の顔を知って欲しかったんです。質の良さや安さに驚かれたり、ベテラン主婦の目から見た直売所や野菜の作り方の感想はとても楽しくて新鮮でした。改めて山口県を見直すきっかけにもなりました。

―もともと地域活動に興味があったのですか?

平尾さん:以前、九州のグリーンツーリズム大学に受講生として通っていて、その頃からまちづくりにはとても興味がありました。そこで山口県のまちづくりに携わる方々にお世話になって、山口県の良さを再認識しましたね。おせっかいで地元大好きな人たちが各地域にいるから、地域ってこういう風に維持されているんだ、ということを知ることができたんです。私自身が出産して、子育ての環境なども含めて山口県への意識が変わったというのもあると思います。

―桐山さんは趣味で海外旅行をされることも多いとお聞きしました。

桐山さん:はい。今までも様々な国へ行きましたが、その土地に様々な文化やしきたりが存在するのは外国も同様です。旅行に行く前にその国の文化や環境を知り、現地でそれを受け入れる。その一連の流れは移住と似ているところがあります。私の海外経験が、移住の手助けになれば良いなあと思っています。

歴史好きな女子にも人気の山口県

―どのような方が相談にいらっしゃいますか?

平尾さん:歴史好きな方がとても多く、単身で移住された女性もいます。働き盛りの方で、東京で経験を積み地元のために貢献したい、自分の好きな環境で仕事をしたいという方も多いです。移住の場合は、仕事と暮らしの両輪が必要なので、仕事の相談に来られても、暮らしの話もしますし、暮らしの相談に来られても仕事の話もします。
出張で山口県に行くときは現地の保育園を利用します。ベテランの保育士さんが多く、安心して預けることができます。園庭も広くどろんこになって遊べるので、子ども達も出張を楽しみにしています(笑)。そういった体験から、ファミリー移住を希望の方には、子どもをとても育てやすい地域ですとお伝えしています。

―U・Iターン希望の方は、どのような方が多いのでしょうか?
平尾さん:若者がU・Iターンをしてゲストハウスを始めるケースが増えていて、地域ごとに印象的な宿があるので、そこを巡って旅するうちに知り合いが増え、移住を検討される方もいます。バトンを渡せるお世話役が各地域にいるので、すごく案内しやすいですね。若い方たちが開いている小さいお店がたくさん点在していますし、それぞれの地域も繋がっていて、移住者が次なる移住の案内人になられたりしているので、Iターンの人も入りやすいと思います。

桐山さん:最近では30~40代の方が多く相談にいらっしゃいます。Uターン希望の理由は、家族に山口出身または関わりのある方がいて、小さい頃などに休みで訪れた経験から、山口に思い出や良い印象をお持ちの方が多いですね。Iターンの方だと、山口以外にも暖かい地域、西日本のあたりの県を検討して相談に来られています。

―相談会に移住者が参加することはありますか?

平尾さん:先日の地域おこし協力隊相談会で、Uターンして起業した方に登壇していただきました。その方の話に参加者の皆さんが「ビビビッ」ときていましたね。その回は会場のシンパシーがすごかったです。そのセミナーでビビビときた人はみんな地域おこし協力隊に申し込んでいました。山口県は移住者のネットワークも強いし、仲間がいると心強いので、移住者同士で息抜きしつつ楽しんで欲しいと思っています。

移住者がサッカー場に集結して、エイエイオー!

yamaguchi005

―移住した方々で会がつくられたとお聞きしましたが。

平尾さん:2016年に、県知事がキャプテンで移住者がメンバーの「やまぐち移住倶楽部」が発足しました。キックオフイベントはサッカー場で開催しましたが、緑に包まれ、和気あいあいと楽しみました。皆でエイエイオー!とかけ声をすると一体感があって。参加者の皆さんから移住希望者に向けて「子どもを育てるなら山口県。本当に来てよかった」「僕たちが次の皆さんをお世話するから来てね!」というメッセージをたくさんいただいて、とても嬉しかったです。移住した方々が楽しく暮らしていて、本当にいいところだと言ってくれて、「よかった。もっと移住を勧めていいんだ」って背中を押された気持ちでした。また、東京では「山口出身者の会」の活動が盛んで、会社経営者の方たちが教育や創業など様々な分野でサポートしてくれるので、東京で山口県移住を考えている方も心強いと思います。

―地域住民の受け入れ態勢はどうですか?

平尾さん:山口県民は面倒見がいいです。皆さん郷土愛が強くて、自分の好きな土地を残したいという想いが強いんですね。行政でなく地域ボランティアで現地視察のお世話をしてくれるなど、地域への意識が変わってきています。そのような地域では、自分の役割を発揮しやすいと思います。自分の得意分野を重宝されてすぐに役割を担わされるというか(笑)。必要とされている感があって、自己充実感が持てます。移住者さんたちも忙しいと言って嬉しそうにされています。

―これまでの相談者・移住者の方で、特に印象に残っている方はいらっしゃいますか?

平尾さん:野菜販売を手伝ってくれた35歳の男性がセミナーに参加して、山口県に移住した方の話を聞いて背中を押されたらしく、なんと翌日に退職届を出して、地域おこし協力隊の試験を受けたんです。その後何度も山口県に行って知り合いが増え、同じ世代の人たちがチャレンジしている姿にさらに刺激を受けたようです。すごいスピードで人生が変わっていくのを目の当たりにして、改めてとても責任の重い仕事だと思いました。だからこそ、できるだけ良縁を繋いでいきたいです。

桐山さん:まだ相談員になって日が浅いのですが、「海が見える家に住みたい。」と相談に来られた方がいらっしゃいまして、実際に現地で家を見つけられ、その報告を受けた時に、とても嬉しそうにされていたのが印象的でした。

地域をジブン色に染められる

 

―お二人が考える山口県の魅力とはどのようなところですか?

平尾さん:山口県は瀬戸内海と日本海に面し、中央に山があるので、様々な自然が楽しめます。山側では寒暖差が大きいので、野菜や米がすごく美味しいです。三方を海に囲まれ、それぞれの海の表情が違うというのは、とても楽しいと思います。
実は山口県は情報発信が苦手だって言われるんですよ。でもその分、これからの伸びしろが大きいので、手つかずの地域をジブン色に染められるというのも面白いと思います。

桐山さん:自然豊かで、良い意味で“田舎の人”が多い山口県。ゆっくりとした時が流れる住みやすい街です。一方で、幕末に数々の偉人を輩出した歴史がある場所でもあります。のんびりとした雰囲気とは反対に、志が強い人が多いのも特徴です。県の三方が海に囲まれていて豊かな漁場にも恵まれ、美味しいものもいっぱいです!

― 最後に、山口県への移住を考えている方にメッセージをお願いします。

平尾さん:悩んでいる方は、とりあえず一度山口県に行って人に会って欲しいです。いい人に繋ぎますので、会いに来てください。お待ちしています。

桐山さん:是非、山口にお越しください。納得するまでじっくりと山口を見て廻って検討してください。お待ちしています!

やまぐち暮らし東京支援センター 移住相談員

桐山・平尾

プロフィール

桐山:山口県宇部市出身。国内では東京、神戸、大阪、海外ではカナダ、シンガポールでの在住経験があります。以前は不動産業界で勤務しており、宅建士の資格を持っています。

平尾:山口県周南市出身。高校卒業までを山口で暮らす。結婚を機に東京下町へ。山口が大好きすぎて、東京でも、山口の野菜などを月に一度販売。2016年5月から「ふるさと回帰支援センター」内の「やまぐち暮らし東京支援センター」にて、移住相談員(YY!ターンソムリエ)をつとめる。1男1女の母でもあるので、ファミリー移住も応援!

相談員から一言

桐山:長い間、山口県を離れ様々な場所に住んできましたが、その地域、その場所にはそれぞれ忘れがたく良い特色があります。しかし、「ふるさと」という所は人々にとって特別な場所です。その「ふるさと」を山口県に持つ、私が知っている良いところを多くの人にお伝えし、山口県に興味を持っていただきたい、と日々思っています。

平尾:山口は、海あり山あり、程よい都会あり。水や土が良いから、お野菜・お魚・お米どれも本当に美味しいです。移住される方も年々増えており、今年は「やまぐち移住倶楽部」も発足!移住の先輩たちが、移住後の暮らしをサポートしてくれますよ。やまぐち暮らし東京支援センターでは、山口に住む素敵な方々をどんどん紹介しますので、ぜひ、一度遊びにいらしてください!