移住相談員紹介

「わかやま定住サポートセンター」移住アドバイザー 芝さんインタビュー

観光だけではなく、和歌山移住を通じてサスティナブルな人の流れを作る

生まれも育ちも和歌山、大学も和歌山と、まさに“こてこての和歌山県人”を自認する芝さん。高校生の頃から抱き続けてきた、“地域貢献”に対する意識を“信念”として貫き通し、現在は移住アドバイザーとして活躍している。そんな芝さんに、和歌山の魅力について話を伺った。

高校生の時に知った地域の魅力と現実

―わかやま定住サポートセンターで働き始めたきっかけは何でしょうか?

私が高校一年生だったときに「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録され、高校生を現地学習ガイドとして育成する「高野・熊野ワールドヘリテージレンジャー」制度が発足しました。和歌山人の気質のひとつである“新しもん好き”が高じたのか、ちょっとした好奇心で友人と一緒に応募。実際の活動を通じて、地域づくりや地域活性化に興味を持つようになりました。
ちょうど大学進学のタイミングで、和歌山大学に観光学科が新設されて、地域に対する理解を深め、県内外に魅力を発信していきたいという思いから入学を決めました。ところが、農山村再生をテーマに学習するゼミに所属したことがきっかけで、最初に興味を抱いていた観光学よりもむしろ、農山村の活性化、再生に惹かれるようになったんです。フィールドワークを通じて、過疎化や少子高齢化の現状を目の当たりにするうちに、この集落を何とかしたい、観光で一時的に人を集めるのでなく、移住などを通じてサスティナブルな人の流れを作りたい、という思いを抱くようになりました。自分の故郷を何とか盛立てたいと、熱い思いを持って様々な取り組みを行っている地元の方々と接しているうちに、私も何か役に立てないだろうかと考えたんです。
そこで、行政の立場から地域を下支えしたいと考え、和歌山県の職員になりました。入庁して4年間、そんな思いを伝え続け、ようやく念願が叶って、東京に「わかやま定住サポートセンター」が開設されるタイミングで、アドバイザーに任命されたんです。

wakayama01

―どのような意気込みを持って、この仕事に臨んだのですか?

当初は、移住希望者がどういうことを求めているのか、どのくらい和歌山移住のニーズがあるかなど、何もわからないまま飛び込みました。なので、まずは現状把握から始めなくてはと思っていました。窓口で移住相談者の方々のお話を伺うようになって、まず驚いたのは、和歌山がこんなにも知られていないんだということ。やはり、東京からだと非常に距離があるんですよね。正直言ってちょっとショックを受けましたが、だからこそ、私がしっかり和歌山の魅力を伝えていかなければと、決意を新たにしました。

標準語を使わず“正直ベース”で語る

wakayama006

―相談にはどのような方がいらっしゃるのでしょうか?

一番多いのが、30代のご夫婦や単身者の方々です。和歌山についてほとんど知識がなく、漠然と“暖かい場所”というイメージを抱いてお話を聞きに来られる方が多いですね。大阪や和歌山の出身であったり、観光で訪れたことがあって、和歌山移住に興味を持つ方もいらっしゃいますが、和歌山に行ったことのない人が大半です。そういう方は、どうして移住したいのか、目的が明確ではないケースも多いんですが、そもそも首都圏で育った方が田舎暮らしを具体的にイメージできないのは当然のこと。移住して、「こんなはずではなかった」とならないように、一から東京の暮らしと田舎の暮らしはこのように違うんですよということを丁寧にご説明します。和歌山は南北に広いので、海沿いが良いのか、山沿いが良いのか、どんな地域を選ぶかによってライフスタイルも大きく変わってきます。そういったお話をしながら、ご紹介する地域を少しずつ絞っていきますね。ですから一回の面談ではなかなか終わりません。
良い話ばかりではなく、大変な部分も移住者の体験を交えながらしっかりお伝えします。例えば南海トラフ地震が発生した場合のリスクとか、台風の通り道になりやすいことなども、すべて正直にお伝えします。理想と現実の違いから途中で都会に戻るようなことがあれば、移住者自身の負担はもちろん、受け入れる地域側も辛い思いをします。そういったミスマッチはできるだけ避けたいと思っています。
迷っている相談者には「もう少しじっくり考えた方が良いのでは?」と本音で伝えることもあります。その方のことを考えたら、安易には紹介できません。移住というのは、人生を大きく変える決断ですから、しっかり話をお聞きして、一緒に答えを導き出したいと思います。

―相談者のお話を伺ううえで芝さんが心がけているのは、どのようなことでしょう?

標準語は使わず、和歌山弁でお話をするようにしていますね。私自身、“こてこての和歌山県人”なので、標準語を話せないという方が正しいですが(笑)。のんびりしていて、人懐っこいけど、少しシャイ。こんな県民性を、この窓口で感じてもらいたいと思っています。そういう和やかな雰囲気のなかで、相談者の方の想いや本音をお聞きできるよう、常に心がけています。

和歌山はやりたいことが実現できる場所

wakayama02

―これまでの相談者、移住者の方で、印象に残っている方は?

お付き合いしている方の故郷である和歌山へ移住するという30代の女性です。その方との最初の出会いは、県が主催した移住セミナーでした。首都圏出身の彼女にとって、和歌山はゆかりのないところ。右も左も分からない土地での暮らしに不安を抱かれていたため、ちょくちょくご相談にきてくださいました。移住が決まった時に、わざわざ窓口にお越しになって「芝さんがいなかったら行く決心がつかなかった。ありがとう」と声をかけてくださいました。そのときに、本当にやりがいのある仕事、いえ、やりがいしかない仕事だなと感じました。

―どのような方々がすでに和歌山移住を決断されているのですか?

子育て中のファミリー世帯の移住が増えていますね。県北部であれば大阪にも近く便利です。県南部は、 “陸の孤島”と呼ばれるほどアクセスが悪いですが、その裏返しで、美しい海・山・川と世界遺産の熊野古道など、いにしえからの歴史が脈々と受け継がれています。和歌山県は、本物の自然の中で子育てをしたいという子育て世代のニーズに合致していると思います。子育て世代のファミリーで移住する場合、お仕事をどうするかという問題がありますが、インターネットを使って都会と同じように仕事をしたり、カフェやパン屋を起業したりする方もいます。また、田辺市龍神村では、芸術を志す移住者を積極的にサポートする取り組みもあります。「アトリエの家」という専用住宅を用意し、現在は藍染職人や映像作家、イタリア料理のシェフなどが生活をしています。このように、自分のやりたいことが実現できる、またそれを許容する懐の深さがある場所が、県内各地にあるんです。

おせっかいなくらいの“人の良さ”が魅力

wwakayama08

―芝さんが考える和歌山県の魅力はどんなところですか?

和歌山の魅力を一言で表すなら、“人の良さ”に尽きます。恵まれた環境で暮らす人々は、温かくて寛大な心の持ち主。その人懐っこさのルーツは、熊野詣の参拝客を分け隔てなくおもてなししてきた平安時代まで遡ります。和歌山へ移住した方に「この地域に決めた理由は何ですか?」と尋ねると、必ず「人が本当に優しい!」と言ってくださいます。困ったことがあったら、おせっかいなくらいに助けてくれたり、お野菜を分けてくれたり、とても気にかけてくれるというんです。行政や地元住民はもちろん移住の先輩も熱心に移住者のサポートをしてくれるので、安心してください。

―最後に移住を考えている方、悩んでいる方にメッセージをお願いします。

私が移住希望者の方々を和歌山に導くのではなく、地域と移住希望者の方のご縁をつなげることができたらいいなと考えながら活動をしています。受け入れるのは地元の方々で、移住先は、その地元の方々が生きてきた場所。移住される方々を、地域のキーパーソンになるような人としっかりお繋ぎし、地域になじめるような支援をしていきたいと思います。東京周辺にお住まいの方にとって和歌山は、少し遠い存在なのかもしれません。このホームページを見て少しでも和歌山に興味が湧けば、まずは窓口にお越しいただき、お気軽にご相談ください!

わかやま定住サポートセンター 移住アドバイザー

プロフィール

和歌山県の東南端、新宮市出身。和歌山大学観光学部へ入学し、農山村再生を研究するゼミに所属。少子高齢化が進むなか、前を向いて新たなことにチャレンジする住民の姿に刺激され、頑張る地域を応援したい!との思いで2011年和歌山県庁へ入庁。2015年4月、生まれて初めて地元を飛び出し、わかやま定住サポートセンターにて移住アドバイザーを勤める。

相談員から一言

温暖な気候と豊かな自然環境に囲まれた和歌山県。恵まれた土地で暮らす人々は、温かく寛大な心の持ち主。その人懐っこさのルーツは、熊野詣の参拝客を分け隔てなくおもてなししてきた平安時代までさかのぼります。歴史は今も受け継がれていて、”ほんまもん”の故郷が守られています。「和歌山はノーマークだった」というあなた!どうぞお気軽に、わかやま定住サポートセンターまでご相談にお越しください。