移住相談員紹介

静岡県の移住相談員

インタビュー記事は公開準備中です

”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター 相談員

宮嶋・橋本

プロフィール

宮嶋:静岡県浜松市浜北区出身。県内の短大卒業後、公務員・交通指導員など地域密着の仕事に従事した。結婚退職後は夫の転勤で県内東・中・西部7カ所に転職しながら帯同し、各地で働きながら子育て。2010年に転勤により上京、総合病院勤務を経て、2015年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

橋本:東京郊外に生まれ、小学校入学と同時に父の転勤で静岡県へ。高校卒業までを御殿場市と沼津市で6年間ずつ過ごす。山梨の大学を卒業後、上京。IT業界などを経て、2017年4月より「”ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター」にて相談員を務める。

相談員から一言

宮嶋:静岡といえば富士山含む山・海・川など豊富な自然と食文化で産業・農林業も盛ん。便利な地方都市と、温泉など観光地や森林も県内全域にあり、仕事も余暇も充実の魅力が満載。新幹線通勤からプチ&どっぷり田舎暮らしまでどーんとおまかせ。温厚なお人柄の静岡県民は、都会では難しい「地域でのびのび子育て」を実践しています。ライフスタイルをゆとりある「しずおかスタイル」にチェンジし、「ゆとりすと」の仲間入り♪

橋本:今の職場のまま新幹線通勤したい。地方で暮らしたいけどある程度の便利さはほしい。海や山のそばでゆっくり田舎暮らしがしたい。そんな様々な思いに応えることができるのが静岡県です。温暖な気候と豊かな自然、のんびり穏やかな人たちに囲まれて、すこやかな毎日を過ごしませんか?こんな生活がしたい、静岡のことが知りたい、などなど、ぜひお話ししにいらしてください!