移住相談員紹介

「ながさき移住サポートセンター」移住相談員 浅野さん・谷口さんインタビュー

きめ細かい独自の移住サポートで長崎県の“よかとこ”を体験

「ながさき移住サポートセンター」移住相談員は浅野さんと谷口さんのお二人。浅野さんは埼玉県出身、谷口さんは佐世保市で生まれた後、関東へと移り住んでいて、共に県外育ちだが、長崎県の豊かな自然の美しさに魅せられた。相談員になったきっかけや日々の相談業務、そして長崎県の魅力を伺った。

移住も考えたほど大好きな長崎県の魅力を東京で発信

-まずはお二人と長崎県との関わりについて教えてください。


浅野さん:私は海がない埼玉県で育ったので、海や島に憧れを持っていました。以前は旅行業界などで働いていましたが、仕事で五島市を訪れた際にいいなと思ったことがきっかけです。
谷口さん:父が長崎県長崎市、母が佐賀県伊万里市の出身で、小さな頃から長崎や佐賀を訪れていました。生後間もなく関東へと移り住んでしまいましたが、私自身も佐世保市の生まれで、小さい頃に何度も訪れていたので生活の中に長崎がある感じです。

-「ながさき移住サポートセンター」で働き始めたきっかけは何でしょうか?
浅野さん:東京にいながら長崎と関わることができる仕事がないかなと探していたところ、相談員の募集を見つけて、2017年4月より着任しました。


谷口さん:もともと長崎県への移住を考えていたんです。地域おこし協力隊にも応募したかったのですが、私が車の運転免許を持っていないので難しくて。でも諦めきれず「ながさき移住サポートセンター」のHPをずっとチェックしていたところ相談員の募集を見つけて、浅野さんと同じく2017年4月から着任しています。

自然と文化が織りなす美しい景色がお気に入り

-長崎県のお気に入りの風景を教えてください
浅野さん:長崎市の教会群、そして、五島市も海をバックに教会を見ることができて、とてもきれいです。
谷口さん:私は、何度も訪れている長崎市のグラバー邸ですね。小高い場所にあるので、そこから眺める海も綺麗です。実家の居間にグラバー邸のイラストのパズルが飾ってあるんです。

-長崎県滞在の思い出はありますか?
浅野さん:五島市の飲食店に一人で入ったのですが、他のお客さんに声を掛けてもらって一緒のテーブルで食事をさせてもらいました。日中はレンタカーで周っていたのですが、島は高低差があるため行きたい教会がある崖の下にカーナビで案内されてしまったこともありましたが、実は五島市の方でも迷うこともあるらしく、地元の方に親切に道を教えてもらいました。
谷口さん:小学校の時に長崎市を訪れた際は両親にビードロを買ってもらって、その綺麗さを学校で自慢した記憶があります。

実際に長崎県に行って生活のイメージを掴んでもらう

-日々の相談業務について、どんな方が長崎県に移住したいと訪れますか?
浅野さん:Iターン・Uターンの割合では半々くらいという印象です。Iターンは30〜40代の若い世代が多く、今の仕事を継続する方もいらっしゃれば、長崎県でゲストハウスを経営したり、英語を使って長崎の魅力を海外に発信したりなど、起業したいという方もちらほらいらっしゃいます。テレビで長崎県への移住について紹介している影響もあってか、相談者さんの中には、実際に長崎県を訪れたことがない方もいらっしゃいますね。長崎県は有人離島数が全国1位で、島によって表情が異なるので、まずは実際に行ってみていただくことをおすすめしています。


谷口さん:また、長崎県は海が綺麗なこともあり、「観光で長崎県を訪れて景色が綺麗だったので」といらっしゃる方が多いです。しかしその段階では漠然としたイメージなので、しっかりと「暮らしのイメージ」を持っていただくようお伝えています。長崎県でどんな生活をしたいかを伺い、その希望にあった場所をご提案しています。

-これまでの相談者や移住者の方で、印象に残っている方はいらっしゃいますか?
谷口さん:長崎県は空気のきれいさ全国1位(環境省「H25一般環境大気測定局の測定結果報告」)という統計が出ています。以前、仕事で東京に出てきた南島原市出身の方が、東京の空気が合わなかったようで体調を崩してしまい、「空気がきれいなところに帰りたい」とUターンを希望されてきました。

-長崎県ではどのような移住支援が行われていますか?
浅野さん:こちらの「ながさき移住サポートセンター」では、仕事や住まいなど暮らし全体の支援をしています。仕事については長崎県にいる就職支援担当の者に引き継いで、いただいた履歴書に基づき、お一人お一人に合ったご紹介をさせていただいています。


谷口さん:住まい探しでは、移住先の候補が何箇所かある場合、キャンピングカー(レンタカー)を貸し出して回っていただいく、「キャンピングカーによるラクラク移住先探し」を利用いただいています。市町村の担当者に移住の状況を訪ねたり、空き家やスーパー・病院等の見学をしていただいたりと、設定された「移住先探しメニュー」を利用するとレンタカー料金が割引になる、お得に周れるサービスも行っています。自分で運転することで道の感じも掴みやすいですし、やはり「住んでみたらどうかな」という目線で見ていただくことが大事なので、ご利用をおすすめしています。私も試乗したのですが、キャンピングカーにはちょっとした休憩スペースもあり、ワクワクしながら移動できました。幅広い年代からお問い合わせいただいていています。船賃がかかりますが離島に行くことも可能です。また移住体験ツアーや先輩移住者の交流会島暮らしのフェアなども行っているので、是非HPをチェックしてみてください。それから、facebookでは、浅野さんが長崎県の小ネタをいっぱい投稿していますよ。

生活の質を上げてくれる豊かな食

-お二人が考える長崎県の魅力とは?
浅野さん:海や山、離島など自然の美しさだけでなく、歴史文化も魅力です。私が好きな長崎市の教会群は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として2018年度の世界遺産登録を目指しています。


谷口さん:意外と知られていないんですけど、長崎県は獲れる魚の種類がとても多くて、300種類くらい獲れるんです。また、野菜も美味しくて、島原半島では農業も盛んに行われています。移住した方から、「食べ物の質がとても良いので、生活費は変わらないけど生活の質が上がった」という声をよく耳にするので、長崎の食はアピールポイントの一つだと思っています。

-最後に、移住を考えている方、悩んでいる方にメッセージをお願いします。

浅野さん:移住にあたっては、物理的なタイミングはもちろん、心のタイミングもあると思います。実際に現地に行かれたり、話したりして掴むものなので、もし心のタイミングで迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひセンターにお越しいただき、そのヒントをご提供できればと思います。
谷口さん:まずはお気軽にいらしてください。不安に思うことやわからないことなどの相談にも対応しますので、是非一緒に解決していきましょう。長崎県は人が温かく、いいところなので、そういった魅力を一緒に見つけていく手助けができると嬉しいです。

ながさき移住サポートセンター 移住相談員

浅野・谷口

プロフィール

浅野:埼玉県出身。旅行業界で15年勤務、派遣コーディネーター、アウトソーシングサービス会社での経験を経て、2017年4月より現職「ながさき移住サポートセンター」の移住相談員をつとめる。人とのコミュニケーションを築くことが大切な業界での経験を活かし、「旅は移住への第一歩」をモットーに、長崎の魅力を広く伝え、移住候補地としての認知度を高めることに日々奮闘中。

谷口:長崎県佐世保市生まれ。生後間もなく関東へと移り住み、以後東京で過ごす。大学卒業後、販売職や航空業界での勤務を経て、2017年4月より「ふるさと回帰支援センター」内の「ながさき移住サポートセンター」にて相談員を務める。

相談員から一言

浅野:長崎県は古くより異国文化を受け入れ、人々との交流の中で栄えてきました。海や山、離島や半島からなる自然美、歴史文化も味わい深く堪能出来る魅力溢れる県です。2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」、2018年の登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と、平和のとりでである遺産が2つもあります。また、医療に関する施設や子育てに関する施設が充実していること、災害が少ないことなど「くらしやすさ」でも魅力溢れる県です。長崎の本部とは常に連携して就職・転職支援も行っており、移住する上で大切な「しごと」のご相談も承っております。ぜひ、お気軽にご相談にお越しくださいませ。

谷口:長崎県の“よかとこ”は面倒見の良い方が多くいるところです!また自然も豊かで食べ物もおいしいです!様々な文化や人が行き来していた長崎県。ちゃんぽんやカステラ、歴史ある教会や坂の町、とても魅力あふれるところです。そんな長崎に移住をお考えの方、興味のある方、是非ご相談ください。ながさき移住サポートセンターが、お手伝いいたします!