移住相談員紹介

「宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター」東京支部 移住・就職相談員 勝又さんインタビュー

暮らすと身も心も元気になる宮崎県。移住を通して幸せを感じて欲しい。

「宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター 東京支部」の勝又さんは宮崎県日向(ひゅうが)市出身。東京でのファッション業界勤務を経てアパレル系ネットショップ運営の傍ら、都内で開催される宮崎県関連イベントに積極的に参加したことがきっかけで宮崎県の良さを再認識。故郷の宮崎県に関わることができる移住相談員の仕事を選んだ。そんな勝又さんに、日々の相談業務や宮崎県の魅力について話を伺った。

東京に居てなお宮崎県に触れ街の良さや人の良さを再認識

-相談員になったきっかけについて教えて下さい。

高校卒業まで宮崎県日向市で過ごし、大学は長崎県内の学校へ進学、就職を機に上京しました。東京ではファッション業界を経てアパレル系のネットショップ運営を担当していました。
ネットショップでは一定の成果を上げ、数字に追われながらも忙しく楽しい毎日を過ごしていたのですが、日向市の実家の母が病気になってしまい、退職して一ヶ月ほど母の療養に付き合うことになりました。

宮崎県北高校同窓会連合会「ばんば会」のBAMBAパーティでは制服ファッションショーを担当

実は東京にいた間も、都内で開催される宮崎県関連のイベントに積極的に参加していまして、同級生や宮崎出身の方と集まって話をするなど東京に居ながらも宮崎県を身近に感じる生活をしていました。お酒が好きな人が多いことも理由なのですが、宮崎から同級生が上京する時も集まったりと横のつながりを楽しんでいました。
そういった時間を過ごす中で、社会人になって改めて、日向市での暮らしや宮崎県民の温かさ・人の良さ、暮らしやすさを再認識し、もっと宮崎県に関わる仕事がしたいと思うようになったんです。東京に戻ったタイミングで、宮崎県の移住相談員の募集があることを知り、早速応募しました。そして2017年4月から「宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター東京支部」にて移住相談員を勤めています。

魅力を伝えて宮崎を訪れる人が増えて欲しい。

-相談者はどのような方が来ますか?

年代は20代後半から40代くらいの方が多いですが、50代~70代の方もいらっしゃいます。転職を希望しているUターン検討者や、「宮崎県はのんびりできそう、暖かそう」など、より豊かな暮らしを求めているIターン希望者もいらっしゃいます。宮崎県はサーフィンの名所なので、サーフィンで訪れた人が環境の良さを気に入って移住するパターンも珍しくありません。
先日相談に来られたご夫婦は奥様が宮崎県出身でよく知っているからと初めは特に宮崎への移住を考えていないとのことでした。ですが、宮崎県の暮らしの特長をお話したところ、魅力を再認識された様子で、移住先の候補として検討いただけることになりました。宮崎県の良さを少しでもお伝えできたのでは?と嬉しい気持ちになりました。そういえば、よく集まる同級生からも先日Uターンの相談を受け、移住することが決まりました。宮崎県に住んでみたい、ずっと帰りたいと思っている人が、相談を通じて移住を検討し、行動に移すきっかけになることが出来れば嬉しいですね。

宮崎県は3年連続日本一受賞の宮崎牛を始め、新鮮な野菜や果物などの食材の宝庫

時間をかけてじっくりと。気軽に何でも相談して欲しい。

-どんなアドバイスを心がけていますか?

移住と同時に転職をされるケースが多いので、まずはどういう仕事と暮らしがしたいか?というポイントを意識して話を進めています。宮崎県ではUIJターンに特化した「ふるさと宮崎人材バンク」を県が運営し求職者と企業のマッチングを行っていますので、相談者には活用をおすすめしています。

東京からは物理的な距離もありますし、一度移住したもののやっぱり辞めた!と移住前の土地に戻ってくるのも簡単ではありませんので、移住は人生の転機となる大きな決断だと考えています。宮崎県は海も山も近くのんびりと過ごすことができる地域であると同時に、道を歩いている時に知らない人同士でも挨拶をし合うなど、人とのつながりを大切にする県民性があります。人付き合いが面倒と思う方には移住は難しいですし、車がないと生活が不便な面もあります。相談者には宮崎県の良いところだけを強調するのではなく、様々な面からじっくりとお話をするように努めています。何から相談したら良いか迷っているという方でも、「どうしたいですか?どうしましょうか?」と一緒にお話をしていきたいですね。

1日の充実感が半端ない?!のんびり生活が魅力。

-移住を考えている方にメッセージをお願いします。

一度宮崎県を訪れてみて、それぞれの地域の空気感をぜひ感じてみてください。
宮崎県は気候が良く農業や畜産業が盛んです。新鮮で美味しい食材が安く簡単に手に入り、時間の流れがゆっくり。暮らすと身も心も元気になりますよ(笑)。
県北は日本三大備長炭の産地や日本最南端のスキー場がある地域、県央は宮崎市など都市機能が発達している地域、県西の西諸(にしもろ)地域は鹿児島県に近く文化も言葉も特徴的な地域、県南は南国らしい温暖な気候に恵まれた地域など、場所によって様々な暮らしや文化があります。
また、前述の通り人と人とのつながりが強いのも宮崎県の特徴です。世話好きの方が多く、「一回会ったら友達、その友達も友達になる」など自然に人の和が広がり、人の温かさを感じることができますよ。飛び込んで来てもらえれば、地域がほわっと受け入れてくれる懐の深さと優しさに溢れています。「共立総合研究所」が行う『「いい子どもが育つ」都道府県ランキング』では常に上位にランクインしています。
さらに、宮崎県は通勤時間の短い人が多いそうです。平日でも仕事が終われば夜の時間を家でのんびりと過ごすことができます。これまで休日にしか家族と過ごせなかったお父さんにも、平日でもオンとオフを満喫できるので1日が充実していると評判です。ゆったりとした時間、あたたかい人柄、晴れの日の多さ、「日本のひなた宮崎県」には 何気ない日常の中にも幸せを感じられる瞬間が溢れています。「のんびり暮らしたい」「農業したい」「サーフィンが好き」など、おおらかな生活に興味がある方はぜひお越しください。一緒により良い宮崎暮らしを実現しましょう!

宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター東京支部 移住・就職相談員

勝又

プロフィール

高校卒業まで日向市で過ごす。進学で長崎へ、就職を機に上京。アパレル業界を経てアパレル系 e-コマース運営の傍ら、東京で開催される宮崎県のイベントに積極的に参加。2017年4月より「宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター東京支部」にて移住相談員を勤める。

相談員から一言

ゆったりとした時間、あたたかい人柄、晴れの日の多さ、「日本のひなた宮崎県」には 何気ない日常の瞬間にも幸せを感じられる空気が流れています。サーフィンが好き、のんびり暮らしたい、農業したいなどなどおおらかな生活に興味がある方は是非お越しください。