移住相談員紹介

「みやぎ移住サポートセンター」移住・就職相談員 新沼さん・牧田さん、移住相談員 久保さんインタビュー

ワンストップで仕事から暮らしまで相談を。
今が面白い街、宮城で新しい発見をして欲しい。

「みやぎ移住サポートセンター」の相談員は、新沼さん、牧田さん、久保さんの3名。それぞれ様々な理由や縁で相談員として日々業務にあたっています。相談員としての業務内容や、宮城県の魅力について話を伺いました。

仕事で得た宮城との深いつながりが応募のきっかけ

―相談員になったきっかけを教えてください。

 

新沼:私は岩手県出身でもともとはIT業界にいたのですが、東日本大震災後に関わった復興支援のNPOに参画した際に宮城県と岩手県の受託事業を担当することになり、宮城県に移住し立ち上げ・運営に携わっていました。復興支援や地方創生のつながりを通じて、宮城県で多くの人とつながりができたことで、宮城が自分の故郷の一つだとも思えるほどになりました。他県の移住支援事業を経て、今までの多様な経験やスキルを生かして何か宮城のお役に立てることができればと思い、この事業の関係者から相談員募集の紹介を受け応募したのがきっかけです。

牧田:生まれは香川県高松市です。6歳の時に宮城県仙台市に移住し、19歳まで仙台市で過ごしました。幼少期は宮城県内をはじめ近隣の岩手県や山形県にも父と遊びに行った思い出があります。近所づきあいも程よい仙台は住みやすい印象だったと思います。社会人になってからはエンジニアとして働いていたのですが、障害をお持ちの方とも関わる機会が多かったこともあり、介護職に興味を持ちました。介護の仕事は一生のうちに一度は関わるべき仕事と考え奮起し、カウンセラーの資格も取り転職。介護職に携わりながらも、これまでのカウンセリングの経験を生かしご縁があって現在相談員の仕事をしています。

久保:私は岩手県生まれで、中学生の時に家族の転勤で仙台市に転居しました。大学卒業後はUターンし、フリーアナウンサーとして宮城県内の各市町村をくまなく取材して回りました。結婚後に夫の転勤で東京に移りましたが、かねてより興味のあったキャリアカウンセラーの資格を取得して、社会に出る若年層への支援業務に関わりました。牧田さんと同様に、これまでのカウンセリングの経験からご縁があり、現在相談員として勤めています。東京の住まいの近くにはケヤキ並木が美しい通りがあり、どことなく仙台を思い出す景色。愛着のある宮城の魅力をお伝えしていきたいと思います。

幅広い目的の移住希望。相談者に寄り添ったお勧めを

 

―どのような人が相談に訪れますか?また、どのようなアドバイスを心がけているのでしょう?

新沼:U、Jターン希望の20代から40代で、ご結婚されたばかりのご夫婦や未就学の小さいお子さんがいらっしゃる、比較的若い世代からの相談が多いですね。Iターン希望は、多世代で単身者が多いように感じます。移住するにあたって何から手をつけてよいのか分からず、仕事や住まい、生活について全ての情報が欲しいと相談を受けることもあります。相談者とは、移住を考え始めたきかっけをお聞きし、現状から今後どのように変化させていきたいか、どんな仕事がしたいのか?どんな生活環境が気になるのか?など、相談者の考えや優先事項をゆっくりと紐解いていき、ここへ来ていただいた時間内でどれだけ相談者に寄り添えるかを意識して対応しています。

 

牧田:私の印象では仕事の相談が多いです。男性は30代前半、女性は30代後半の方に特に多い傾向です。宮城に住む両親のことを考えて…、転職したい…、子どもが幼稚園に入るタイミングで…など理由も様々。印象に残っている相談者は、松島の海苔養殖に携わるために地域おこし協力隊として移住した20代半ばの男性ですね。移住した2ヶ月後には船舶の免許を取り、その後地元の水産会社に就職。その1年後には、自身が作った海苔を送っていただいたことも。「今頑張っています!ありがとうございます!」と言っていただくのがとても嬉しいですね。大事なのは、なぜ宮城に移住しようと思ったのかを相談者にもう一度振り返っていただくこと。今も本当にそう思っているのか?現地に行ってその目的は本当に達成できるのか?移住は思いつきで行動するべきではありませんので、リスクをしっかりとお伝えるように心がけています。

 

久保:初めはセカンドライフを楽しみたい方が相談に来ることを予想していましたが、相談者の年代層が若いことに驚きました。40代前くらいの方で家族ができたのをきっかけに…、震災を機に転職で上京した方が仕事の目処がついたのをきっかけに…などの理由で移住を検討してお越しいただいています。宮城県は“嫁ターン”も多い地域ですので、奥様からの相談が多いことも特徴です。主観がメインにならないように客観的なデータを取り入れながら、相談者が何を思うかをフラットに考えてお聞きするように心がけています。宮城出身者だからこそのお話しができれば嬉しいですね。

新沼:移住の選択肢、情報をどれだけ出せるかが大事だと思います。悩みながら相談に来て、決定して移住するのはとても勇気がいること。私たち相談員が期待に添えるように選択肢を広げて、一つ一つ拾っていく作業をお手伝いしたいと思います。地方に行くと地域の役に立ちたい!と思う方が多い傾向で、その思いには私も大変共感します。相談に乗りながら移住実現への道を一緒に開いていけたらと思います。
宮城県は、ワンストップで仕事から暮らしまで様々な切り口で対応できるようになり、より便利になりました。お気軽に相談にいらしていただければと思います。

魅力満載の宮城に、ぜひ来てみて欲しい

唐桑町で行われる「リアス牡蠣まつり唐桑」

―宮城県の魅力についてお聞きします。

新沼:私が住んでいた仙台市ですが、コンパクトで住みやすい街だなあと思いました。平地の多いエリアでしたので、自転車移動もスムーズで、どこへ行くにもちょうど良い距離感。駅周辺は発展していて生活がしやすい印象でした。家の近くの「仙台東照宮」は散歩によく訪れていましたよ。街中にありながらも静寂な雰囲気が気分転換にもなり、おすすめの場所です。

「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台」

牧田:気候が良く街がきれいで住みやすい。子育て世代にも適した環境です。県内のどこからでも、必要な時は仙台へ、そして東京へ移動できることは県全体としての強みだと思います。

久保:亘理のイチゴ、蔵王のブルーベリー、利府のナシなどいろいろな果物狩りが楽しめますし、その他にも県内には美味しい食材がいっぱい!個人的にも「趣味は狩りです」と公言していたほどで、いまでも白石うーめんと油麩は台所に常備しています(笑)。場所や季節によって様々なイベントを楽しむことができるのも宮城県の特徴。そして、自分から発信をしていけば、伊達気質で何でも受け入れてくれて、見守ってくれる。ゆったりとした時間の中で過ごすことができますよ!

迷っている人は気軽に相談を!

 

―最後に一言メッセージをお願いします!

新沼:東京からは新幹線で約90分!気軽に訪れることができるのも良いと思います。移住を迷っている人は、気軽に宮城県のブースを訪れて欲しいです。たくさんの情報をご用意して、スムーズな相談ができるようにお待ちしています。

牧田:移住は決めてしまうと戻ることができないものです。石橋を叩いても渡らないくらい考えることが大事。さらに移住を決めようと思った時に、なぜ移住しようと思ったかをもう一度振り返って考えるくらいの慎重さが必要です。相談者には、メリット・デメリットをしっかりとお伝えできればと思います。

久保:移住で大事にしたいものゆずれないものをしっかりと持って、将来自分が何をしたいかを考えて行動するのが大事。“納得感”を持った移住を実現していきたいですね。相談員はそれぞれの得意分野で県内を熟知した3人。チームワークでサポートをしっかりとしていきます!

みやぎ移住サポートセンター 移住・就職相談員

新沼・牧田・久保

プロフィール

新沼:岩手県出身。複数のIT企業で営業、新規事業開発などに従事。東日本大震災の復興支援プロジェクトにプロボノとして関わり、のちに退職してNPO化した復興支援団体に参画し、宮城に移住して被災3県の復興支援事業に携わりました。そのご縁で地方創生に関わり続け、他県の就職移住支援事業を経て今回宮城県の相談員として着任しました。

牧田:生まれは香川県高松市、6歳の時に宮城県仙台市に移住し、19歳まで仙台市で過ごす。以後社会人として京都・大阪・三重・東京に住み、2016年より「みやぎ移住サポートセンター」の相談員として学生からシニアまでの移住・就職相談に対応して来ました。

久保:岩手県生まれ、中高の青春時代を仙台市で過ごし、大学で上京。卒業後にUターンし、フリーアナウンサーとして活動後、結婚を機に再度上京。塾講師、ケーブルテレビ会社勤務などを経て、キャリアコンサルタント。大学勤務経験後、ご縁あって宮城県の仕事に携わっています。2019年4月より「みやぎ移住サポートセンター」移住相談員。

相談員から一言

新沼:東日本大震災を機にみなさんの中にも認識が深まった宮城県。海も山も、都市も田舎も「ちょうどよく」揃ったこの地域には、歴史(実は蔵がたくさん!)も、サーキット(スポーツランドSUGOは国内外で有名なレーシングサーキット!)も、サイクリング(ツール・ド・東北のコース!)も、とたくさんの魅力が詰まった地域です。もしかしたらあなたの新しい人生のキッカケがあるかもしれませんよ!私たちはそのキッカケがみつけられるよう、お仕事も暮らしも人生の大きな転換となる移住をアシストしていきます!

牧田:急速に「環・住・職」の価値観が変わる中、ご相談者にとって最適な宮城県での情報と生活をご提案させて頂きます。宮城県の「移・職・住」でご相談者が幸せになる事を一番大事にしております。是非お立ち寄り下さい。

久保:一年を通して四季の移ろいが明確で、どこに行っても「心地よい」と感じられる宮城県。気になったエリアにはどんどん足を運んでいただいて、四季折々の空気をぜひ味わってみてください。暮らしも、仕事も、ひとも、いろんな距離感が「ちょうどいい」。海も、山も、都市もある宮城県は、きっと、ぴったりの場所が見つかるはず。「自分がどこで生きたいか」「どんな生活を送りたいか」イメージを広げるお手伝いをします。みやぎ移住サポートセンターでお待ちしております!