移住相談員紹介

「高知県移住相談窓口」移住・交流コンシェルジュ 竹崎さん・安田さんインタビュー

家族のようなつながりを生む高知県人の温かさ

「高知県移住相談窓口」移住・交流コンシェルジュの竹崎さんは芸西村(げいせいむら)、安田さんは高知市と、共に高知県生まれ。お二人が相談員になったきっかけや移住への県のサポート体制、そして東京で暮らして改めて感じた高知の魅力について伺った。

高知を出たいと思ったことがない

-まずはお二人と高知の関わりについて教えてください。

竹崎さん:高知市から車で東に45分ほど行ったところにある、ハウス野菜の生産が盛んな芸西村の出身です。ずっと高知県で暮らしていましたが、移住・交流コンシェルジュの東京窓口担当として上京してきました。これまで高知から出たいと思ったことがなかったのですが、今は外から見た高知の良さを実感中です。
安田さん:高知市の出身で、桂浜や五台山の近くで暮らしていました。大学進学や就職で一度離れましたが、数年前に地元に戻りました。

-「高知県移住相談窓口」で働き始めたきっかけは何でしょうか?

kochi02

竹崎さん:求人をたまたま見つけて、高知のことはもちろん、SNSなどを通じて発信するのが好きだったので、面白そうだなと思い応募しました。
安田さん:最初はアシスタントとして採用されたのですが、数ヶ月経った頃にコンシェルジュとして働いてみないかと声を掛けてもらいました。学生時代に総合政策の勉強をしていて移住などに興味があったのでコンシェルジュとなり、2年ほど高知県内で働き、2016年10月から東京窓口のコンシェルジュとして上京しました。

kochi03

自然に五感が触発されて感情が豊かに

-高知のお気に入りスポットを教えてください。

竹崎さん:私は地元・芸西村の琴ヶ浜がお気に入りで、犬との散歩コースにしています。琴ヶ浜は月の名所として知られていて、毎年中秋の名月の頃に和太鼓の演奏とともに秋の夜長を楽しむ「観月の宴」というイベントが行われているんです。その際に使用する舞台となるウッドデッキに座って海をボーっと眺めるのが好きです。

kochi04

▲竹崎さんお気に入りのウッドデッキ

嬉しかったり悲しかったりと様々な思い出があって、ここにいると詩人になれるんですよ。高知にいると自然に五感が触発されて感情が豊かになりますね。
安田さん:桂浜の花街道も好きですが、一番好きなのは四万十町から黒潮町に入ってすぐの海岸沿いの道ですね。山を抜けた時に見える海岸線がとてもきれいで、ドライブしているとテンションが上がります。

-高知県ならではの取り組みはどのようなものがありますか?

竹崎さん:高知県主催で「高知暮らしフェア」というイベントを年2回、東京と大阪で開催しています。

kochi05

安田さん:県内の全市町村の相談員のほか、先輩移住者や、農林水産業など各分野の専門アドバイザー、求人のある企業が一堂に会する、高知をたっぷり知ることができるイベントです。住みたい地域が決まっていないけれど農業や漁業をやりたいという方でも、専門アドバイザーにどんな地域に住めばいいか、どんなステップを踏めばいいかについて相談できます。保育士がいるキッズスペースも設置されているので、子ども連れでも安心ですよ。

竹崎さん:移住を考えるどの段階でも満足できるはずです。このイベントで市町村の担当者や先輩移住者とのつながりができるので、次のステップへ進みやすくなると思います。

安田さん:また、高知暮らしを全力でサポートする「高知家で暮らし隊」という無料の会員制度もあります。登録していただくと、移住が決まった際は繁忙期を除いて引っ越しやレンタカーなどの割引やローンの割引、移住後のアフターサービスも受けられる会員証が発行されるほか、メールで高知の最新情報をお届けしています。

高知が好きという気持ちを全力でサポート

kochi06

-「高知県移住相談窓口」を利用される方はどんな方が多いですか?

竹崎さん:高知を訪れて気に入っている方だけでなく、インターネットで高知の写真を見て気になり相談に訪れる方もいらっしゃいます。高知へ行ったことがない方には県の概要からご説明して、なぜ高知が気になったのかを尋ねながら具体的に話していきます。その方の高知に対するイメージが実際と違う場合は訂正もしますし、高知の知られていない部分もお伝えするようにしています。
安田さん:例えば高知は暖かい南国というイメージでいらっしゃる方が多いのですが、実は雪が降る地域もあるんです。意外な面もきちんとお伝えします。あと高知で出会った人が良かった、と相談にいらっしゃる方も多いですね。
竹崎さん:実は「よさこい移住」という言葉があるくらい、本場よさこい踊りのために移住してくる方も多いんです。よさこいが好きな方は、自分の身を高知に置きたいみたいです。

kochi8

安田さん:それぞれの方々が高知で何か引っかかるものを見つけていただいているのが嬉しいですし、その気持ちを全力でサポートしていきたいと感じます。

-首都圏からいきなり高知に行くのはハードルが高いと感じる方もいらっしゃるのでは?

竹崎さん:移住のステップとして、お試し滞在施設がほとんどの市町村にあるのでご紹介しています。夜の暗さを感じたり、地元のスーパーで買い物をして料理をしたり、車で近隣の地域を巡ったりと、高知の暮らしを体験できますよ。高知は東西が幅広いので、まだ住みたい地域が決まっていない人にもオススメです。
安田さん:お試し滞在施設は、シェアハウスや一軒家、集合住宅など様々なタイプがあり、短期から長期まで期間も選択できます。単身の方からファミリーまで幅広くご利用いただいていますよ。
竹崎さん:移住された方は一般の企業に就職される場合が多いです。県で就職に関する窓口「高知求人ネット」を用意しているので、そちらに登録していただければ最新の求人情報をお届けします。
安田さん:農林水産業に関しても、それぞれにアドバイザーがいて、対応をさせていただいています。
竹崎さん:いきなり高知へ行って農林水産業に携わるのはハードルが高いと思いますので、東京で働きながら農業の勉強ができる「こうちアグリスクール」を開講しています。農業は準備がとても大事ですが、その一方で思い立ったらすぐ行動することも大切なので、東京にいながら取り組めるようにサポートをしています。

食の豊かさと人の温かさが魅力

kochi07

-高知県の魅力はどういったところでしょうか?

竹崎さん:東京に来て感じたのは、高知の食の豊かさですね。前々からいろんな方に高知の食は素晴らしいと言われていたのですが、高知に住んでいる時は当たり前だったので気が付かなかったんです。あと海と山のどちらにも近いことも当たり前だったのですが、その環境も改めて見ると魅力ですね。
安田さん:高知の人は、なんとかなるだろうという意味の方言「なんとかなるろう」という気持ちの余裕を保ちながら暮らしています。人々の気持ちに焦りがなく温かい、それが高知の良さですね。

-最後に、高知への移住を考えている方にメッセージをお願いします。

竹崎さん:高知のことが気になった方に自分にできる最大限のお手伝いができるよう心掛けています。今すぐ高知に移住できなくても、高知にまつわる人とつながっていたいという方のために交流会を年に2、3回開催しているので、ぜひ参加していただきたいです。また先ほどお話した「高知家で暮らし隊」の会員の方には交流会の情報もお送りしていますので、こちらにもぜひ登録してみてください。
安田さん:東京で働いた経験があるので、東京と高知、両方の暮らしを経験した身としてお話しできたらと思っています。田舎暮らしがいいな、と思っているくらいの感覚でいいので、気軽に「高知県移住相談窓口」にお越しいただき、高知を知って欲しいです。もう一人の移住・交流コンシェルジュ岡村を合わせて3名でお待ちしております。

kochi08

高知県移住相談窓口 移住・交流コンシェルジュ

竹崎・安田・岡村

プロフィール

竹崎:芸西村の特産品のナスが大好物。高知県庁内の窓口で移住・交流コンシェルジュとして1年勤務した後、東京窓口担当として上京。月1回のペースで高知に帰って地域の情報を収集しているため、面談では最新の高知情報をご案内!

安田:高知県高知市出身。約2年間の高知窓口勤務を経て、2016年10月から東京窓口担当として上京。高知の良い所だけじゃなく悪い所もきちんとお伝えし、皆さんの高知暮らしに対する疑問や不安を解消します!

岡村:高知県東部の芸西村出身。進学のため上京し、10年近い東京生活を送る内に愛郷心が募り、2016年12月から移住・交流コンシェルジュの東京窓口担当として勤務開始。首都圏での生活経験を基に東京では感じられない高知暮らしならではの魅力をご紹介致します!

相談員から一言

竹崎・安田・岡村:★暑…国内最高気温41.0℃を観測!
★熱…情熱はじける『よさこい祭り』発祥の地!
★厚…厚い人情で、県全体が一つの大家族!
日本一アツイ「高知家」の家族にならん?
高知県では、移住・交流コンシェルジュが皆様のお話しをしっかりとお聞きし、情報提供させていただいています。事前予約により、就業アドバイザーや就農担当者との同席も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。