移住相談員紹介

うどん県・香川暮らし相談コーナー うどん県移住交流コーディネーター 藤田さんインタビュー

住むと穏やかな気持ちに!? 元相談者の経験から香川の魅力を伝えたい。

「うどん県・香川暮らし相談コーナー」の藤田さんは、香川県琴平町出身。ご自身も香川への移住を考えていた元相談者で、何度も「ふるさと回帰支援センター」のセミナーに参加していた経験の持ち主。相談する側にいた藤田さんが、なぜ相談業務に携わるようになったのか、香川県の魅力と合わせて伺った。

相談者から相談員へ

―相談員になったきっかけについて教えて下さい。

私は、香川県琴平町出身で高校卒業まで地元で過ごしました。その後大学進学で京都に2年間、卒業後は高松市内で就職。今から15年ほど前に家族の転勤で東京に来ました。実は私自身がいつか香川に帰りたいと思っていまして…、ふるさと回帰支援センターのセミナーに何度も参加していた、“相談する側”の立場でした。その時に香川県の相談員募集があることを関係者の方からお聞きしまして、応募を決意。子どもも大きくなり少し手が離れたこともあり、故郷について再び考えることも多くなりまして…、もう一度違う仕事をしてみたい!大好きな香川のために何かできる仕事がしたい!という思いが強くなり、応募しました。

自身の経験を生かした、よりリアルなアドバイスをしたい

―日々の相談業務についてお聞きします。どのような相談が多いですか?

 

今までは相談する側の立場でしたので、その時の気持ちを考えながら相談者の考えを尊重して相談業務を行っています。相談員になってからは、どこまでアドバイスをするべきか、支援制度に関することなど学ぶことはたくさんあり、勉強の毎日です。相談者は、単身者やご夫婦のみの方が多いですね。今までで印象に残っているのは、当時私と一緒に香川県のセミナーに参加していた女性です。私が相談員になってからも、引き続きここに相談にいらっしゃっています。その方とお話をすると、「私が悩んでいたり考えたりしていたことと同じだ!」と気づかされることが多く、その方の移住が上手くいくように、今後もしっかりと相談業務を行っていきたいと思います。気をつけていることは、移住して行きたい場所、何がしたいかなど、相談者に寄り添いながら一緒に考えていくこと。良いことばかりお伝えするのではなく、その地域の特性や習慣など人によってはマイナスポイントになり得ることもしっかりと伝えていきたいと思います。特に子育てについては、私自身、子どもが生まれ、密に接していなければいけない期間を香川で過ごしていますので、子育ての経験や教育環境の違いなど、生の声でアドバイスできるかと思いますので、ぜひ気軽にご相談いただきたいですね。

魅力スポットが点在。お参りするだけではもったいない!?

県内に点在している「ため池」からの景色。お散歩にぴったりの場所

―香川県の魅力について教えて下さい。

一見シャイな性格ですが、一度仲良くなるととても頼りになる人が多い県民性ですね。災害が少なく穏やかに過ごすことができるのも利点です。街の飲食店はレベルが高く、どこも安くておいしい店ばかり。うどんは高松在住中によく行っていた「上原屋本店」がおすすめです。「うどん県」として有名な香川ですが、スイーツやパンの名店も多いです。人里離れたような山中に名店が点在していることも多いので、探しながら旅をするのも楽しいですよ。観光スポットは、実家近くにある「金刀比羅宮」がおすすめ。四国八十八箇所巡礼のお寺も点在しているので、寺巡りも楽しいですね。寺にもそれぞれ個性があり、アトラクション的なものがある寺も多いので、ただお参りをして帰るにはもったいない。じっくりと時間をかけてお参りしてみてはいかがでしょう。香川は、空気がほんわかとしていて平和な雰囲気。みんなを何だか穏やかな気持ちにしてくれる魅力があると思います(笑)。ぜひ香川を訪れてみて欲しいと思います。

県内各所にある産直市場。瀬戸内海の魚や加工品も豊富

決して焦らずに、悩みはクリアな状態で移住を!

―最後に一言メッセージをお願いします。

私も迷いながら香川に帰りたいなと考えていた元相談者です。移住するにあたって、少しでも気になることや心配事があれば、相談員を含む周囲の人に、どんどん相談していただき、自分の中でしっかりと解決して、クリアな状態になってから移住する事が重要です。万が一、考えていた事と少しでも違うと感じた時は、思い切って引き返す勇気も必要。決して焦らないで、じっくり…じっくりと移住先を見つけ、検討することが大事だと思います。悩んだり気になったりすることがありましたら、気軽に相談にお越しください。お待ちしています。

うどん県・香川暮らし相談コーナー うどん県移住交流コーディネーター

藤田

プロフィール

香川県琴平町出身。高松市で就職後、家族の転勤で関東に引っ越す。同窓会をきっかけに故郷への思いが噴き出し、「香川県にかかわる仕事がしたい!」と思い、2018年9月より「ふるさと回帰支援センター」内の「うどん県・香川暮らし相談コーナー」にて相談員を勤める。

相談員から一言

香川県は、日本で一番面積が小さな県ですが、自然災害も少なく、温暖な気候でとても暮らしやすい場所です。病院やショッピングモールも県内にくまなく点在しているので、どの地域に住んでも「田舎暮らし」と「地方都市暮らし」を安心・安全に満喫することができます。まだまだ魅力ポイント満載の香川県の素晴らしさをご案内致しますので、是非うどん県・香川暮らし相談コーナーへお越しください!