移住相談員紹介

「ふるさと福井移住定住促進機構東京オフィス」福井県移住相談員 神林さんインタビュー

幸福度日本一!
ポテンシャルの高さが魅力の福井県に来て、見て、体感して欲しい

相談員の神林さんは東京生まれ。会社員時代には全国47都道府県を周り、地域振興の仕事で各地を訪れていたという。現在、福井県の相談員として日々奮闘する神林さんに、相談業務や福井県の魅力についてお話を伺った。

地域に深く関わる仕事がしたい。

―福井県との関わり、相談員になったきっかけについて教えて下さい。

私は東京生まれの東京育ちで、法令関係の出版社に永年勤めていました。企画部門で働いていた頃、47都道府県の地域振興に関わり、地域活性化イベントやシンポジウムなどを企画していました。しかしながら業務上同じ地域に何回も行くことが少なく、地域との関わりや貢献度が薄いと感じていて、もっと限定した地域でしっかりと関われる仕事がしたいと思っていました。ある日、県の仕事で新潟県の移住相談員の求人を見つけまして、曽祖父が新潟市出身ということもあり興味を持ち応募、採用していただきました。採用後は時々、セミナーや相談会で「ふるさと回帰支援センター」を利用していました。その頃から「ふるさと回帰支援センター」は多くの道府県の多様な相談員がいて、自己流でやってきた相談スキルのレベルアップを図れそうな、とても興味深い職場だなあと…。その後、移住相談員の仕事が任期満了を迎える頃に、センターでの相談員の募集があることを知り迷わず応募。募集のあった中でも、新潟と同じ日本海側の県ということ、三度「幸福度日本一」を獲得していることに興味があり福井県に応募しました。

会社員時代は、企画営業もしていたため初対面の人と話すことに慣れていましたし、スポーツイベント開催等の「地域住民のためになる仕事」で地域の方のダイレクトな反応を意気に感じることもあり、地域に関わる仕事に魅力を感じていました。その長年の経験を生かして、特定の地域のための、その地域の人のためになるような仕事に携わっていきたいと思っていました。

現地を知り、気持ちを整理することが移住への第一歩

―どのような相談が多いのでしょうか?

まだ福井県での相談経験は少ないですが、20代、30代の若い方からは、「地域おこし協力隊」についての相談が多いです。協力隊制度や応募に関わるポイントを説明しています。多くの市町で様々な分野の活動内容の募集がありますので、どのような活動に関わりたいのか、相談者の気持ちを確認しています。相談者にも自身の話をしてもらうことで、気持ちの整理をしてもらうように心がけています。

また、50代を中心とした「新規就農」の相談も多いですね。国の就農支援策は45歳までなのですが、福井県は国がカバーしていない45歳~60歳までの方達を対象としているのが特徴です。首都圏で開催される就農イベントでの情報収集や担当者との関係づくり、福井県での農業体感ツアーや体験・研修機会を使っての現地訪問もお勧めし、事前準備の徹底と現地を知ることの重要性をお伝えしています。
そのほか、福井県は「以前旅行に行って良かったので…」という理由で、Iターン希望者も多いですね。まだ考えが漠然としている方には、じっくりと検討してもらうためにも情報収集をして、セミナーやイベントへの参加をお勧めしています。さらに福井県に興味を持っていただけるように、情報提供やイベントへの参加案内にも力を入れています。

―相談者で印象に残っている人はいますか?

「ふくい園芸カレッジ」(就農のための実践研修施設)への入校を検討している50代の男性と女性の相談者ですね。お二人は、就農に関して福井県の施策や受け入れ体制の良さもあり移住に前向きで、現地訪問や支援制度の利用相談などにもとても熱心でした。農業で独立も考えている様子で、お二人の就農への思い入れの強さがとても良い印象として残っています。

穏やかで充実した生活ができる福井県

―福井県の魅力について教えて下さい。

先ほどお伝えしたとおり、福井県は「全47都道府県幸福度ランキング」で、3回連続総合1位を獲得しています。環境や県民性の良さ、地域力、県民の培ってきた歴史、ポテンシャルの高さが総合評価されての結果であり、大きな特徴だと思います。
子育て環境や教育環境も良好。自然豊かで食にも恵まれて過ごしやすいです。また、マイホームを手に入れやすく広い家に住むこともできますし、通勤時間も短い人が多いので、家族と過ごす時間が多く取れるのも魅力ですね。穏やかで充実した生活が期待できるところではないでしょうか。

 

―最後にメッセージをお願いします!

資料を集めるだけではなく、相談窓口への来訪はじめセミナーやフェアへの参加がお勧めです。窓口やブースに来ていただければ、ご自身のことをお話しいただくことで、気持ちの整理もついてきます。体験ツアーやイベントを活用したり、季節を変えて何度も訪問していただきながら、総合的に判断することが大事だと思います。最初は興味本位でも大丈夫ですので、お気軽に相談にいらして下さい。お待ちしています!

ふるさと福井移住定住促進機構東京オフィス 福井県移住相談員

神林

プロフィール

東京都文京区出身。「地方自治の振興に寄与する」ことを基本理念としていた出版社に勤務。企画部門時代に、47都道府県の各地で地域振興に関わる仕事を経験。その後、表参道で新潟県の移住相談を務め、2018年4月から「ふるさと福井移住定住促進機構東京オフィス」の相談員となる。

相談員から一言

「全47都道府県幸福度ランキング」にて、2014年、2016年、2018年と3回連続「幸福度日本一」となった福井県。これら3回の評価のもととなっている地域力と県民力こそが、他県と一味違う「ふくいの魅力」です。
自慢の海、山、川、里、雪などの天然自然の恵み、ものづくり力や“生”活力など、17市町の個性ある暮らしを皆さんの眼と身体で感じてみてください。