移住事例紹介

各務原で歩みだした、「夢」への一歩。

福岡県→岐阜県各務原市
2018年移住
楠 拓也さん
絵画教室「siroi」講師

岐阜県南部に位置し、北部から東部にかけて山地が広がり、南部には木曽川が流れる各務原かかみがはら市。航空宇宙産業は市を代表する基幹産業であり、世界的にも成長産業として注目を集めています。市では平成28年2月に「シティプロモーション戦略プラン」を策定。20代から30代の若い世代をメインターゲットに、市の「ちょっといい暮らし」を提案しており、同戦略プランの一環として、野外音楽フェス「OUR FAVORITE THINGS」や「マーケット日和」などのイベントを開催しています。この2つイベントは、「もっとまちと深く関わりたい」という若者が増えるきっかけとなり、「まち」と「ひと」をつなぐ入口としても機能し始めています。ここに福岡県糸島市から絵画教室講師・くすさんが移住しました。楠さんが移住するきっかけになった経緯や、各務原市での暮らしについて伺いました。

「ゼロ」からのスタート

昔から絵を描くことが好きだった楠さん。高校生のときに改めて絵を描くことの魅力に惹かれ、本格的にアートについて学び始めました。福岡県から名古屋の専門学校に進学し、卒業後は、福岡県に戻り、さまざまなアーティストが在籍するアートカンパニー「Studio kura」に所属し、講師として絵画を教え、アートに関わるイベントを企画していました。

そんな中、「独立」という新しいステージを見据え、拠点を探していた楠さんは、岐阜の「カンダマチノート」などのアートに対する取り組みを知りました。そんな岐阜エリアの活動への共感と、知り合い頼みの内輪だけの開業ではなく、「ゼロ」からスタートしたいという思いを胸に、イオンモール各務原内に開設した市移住総合相談窓口「かかみがはらオープンクラス」(以下「KOC」という)を訪問しました。

新しい賃貸の形「DIY型空き家リノベーション事業」との出会い

▲市が取り組む「DIY型空き家リノベーション事業」により空き家を再生

KOCでは「ちょっといい暮らし」の情報発信スペースとしてトークイベントやワークショップを開催するなど、多くの方に利用されています。また、借主が自由に空き家をリノベーションできる「DIY型空き家リノベーション事業」を紹介しており、それぞれのライフスタイルに合った、自分らしい暮らし方や働き方を応援しています。
楠さんもここで「DIY型空き家リノベーション事業」と出会い、古民家を絵画教室として使いたいという夢への一歩を踏み出しました。

地域が「つながる」場所に

▲「まち」と「ひと」をつなぐ関係案内所「かかみがはらオープンクラス

市が協力して実施したDIYワークショップなどを経て、ドライフラワー販売・絵画教室「siroi」が平成30年7月にオープンしました。「どんな色に混ぜても優しくする色だから」と名付けられた屋号。今後はさまざまなジャンルの交流拠点としても活用していきたいとのことです。
現在、市では、若い世代が集まり、人のつながりを軸にした活発な動きが起きています。中心市街地に位置する都市公園「学びの森」の中にあるカフェ「KAKAMIGAHARA STAND」では、月に一度、「寄り合い」を開催しています。この「寄り合い」では、ジャンルを超えて多様な人たちが集まり、身近なこと、まちの未来のことなど、様々な話に花を咲かせています。楠さんも、「人が暖かくて、この時代に、多くの人が集まって、ワイワイできる空間が身近にあることは本当に嬉しい」と積極的に参加しています。

移住して新たなつながりを大切にしている楠さん。そのつながりがどんな影響を各務原市に与えて盛り上がるのか…。これからがとても楽しみです。