移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

豪雪地と呼ばれるまちで暮らす人たち~津南の「人」を知る、出会う~

定員に達しましたので、申込受付を締め切らせていただきます。

東京で感じる、真っ白な雪

新潟には1年のうち約5ヶ月間(12~4月)も雪が積もっている津南町という小さな町があります。しんしんと降る雪の中、人々は茶飲み話に花を咲かせます。雪国だからこそ体験できる魅力たっぷりのこの町を、あなたも味わいに来てみませんか?

十日町地域振興局では、東京の方に豪雪地に興味を持っていただくため、豪雪地・津南町の住民を東京に連れていきます。
セミナーでは、2名のゲストスピーカーから、豪雪地・津南町に関する話題を提供していただいたのち、津南町の人たちと、肩の力を抜いて、ゆるーくおしゃべりします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日程 2018/10/28(日)
開催時間 12:00-14:15
開催場所 東京交通会館8階 NPOふるさと回帰支援センター 
東京都千代田区有楽町2-10-1
定員 20名
※定員に達したため、申込受付を終了いたします。
参加費 無料
参加自治体・参加団体 新潟県
詳細 第1部 「津南の素敵な人たち」 12:10~12:25
唐沢 雅広 【あうたび合同会社 代表】
旅行業界歴25年。国内・海外旅行の企画から添乗まで幅広い業務に携わる。日本各地の温泉を巡り、海外では、ハワイ旅行を中心に業務を行ってきた。
2016年にあうたび合同会社を設立。「日本中の素敵な人に出会う旅」をテーマに 全国の農家や酒蔵の杜氏、生産者を訪ね人と人が繋がる旅の企画を行っている。人が大好きで、リアルな経験や体験こそが何よりも重要だと考え行動している。この夏、豪雪地・津南町の住民に会いに行ったときの体験をレポートしていただきます。

第2部 「わたしの津南暮らし」 12:35~12:50
諸岡 江美子 【Classic Lab 主宰】
千葉県出身。津南町に移住。豪雪地のおじいちゃんおばあちゃんの暮らしの知恵に魅了され、自分自身がそのようになりたいと考える。結婚する際、夫と同居するか迷ったが、雪国独特の考え方で迷いは払拭された。現在、夫は車で1時間半かかる豪雪地で別居、お互いに行ったり来たりで生活している。今では、彼女のこれまでの経験や独自の視点が評価され、ウェブメディアの編集・執筆依頼や、雪国暮らし・移住をテーマにしたイベントなどにも呼ばれている。今年、築140年の古民家を受け継ぎ、雪国暮らしを研究するClassic Labの活動を開始。これまで過ごしてきた津南暮らしについてお話しいただきます。

第3部 「お茶のみ」 13:00~14:15
津南に住む方々と「茶飲み話」のひとときをお楽しみ下さい。
締め切り日 2018/10/22
お申し込み WEB/メール/FAX/電話、もしくは申し込みフォームよりお申込ください。
新潟県電子申請

【新潟県十日町地域振興局企画振興部】
電話:025-757-5517
ファックス:025-752-5604
MAIL:ngt111710@pref.niigata.lg.jp
お問い合わせ にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた(有楽町)
電話:090-1657-7263(直通)
Mail:niigata@furusatokaiki.net
※土・日のお問い合わせはこちらにお願いいたします。

新潟県十日町地域振興局企画振興部
〒 948-0037 新潟県十日町市妻有町西2-1
電話:025-757-5517
ファックス:025-752-5604
MAIL:ngt111710@pref.niigata.lg.jp
その他 にいがたU・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」