移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

雲仙市・地域おこし協力隊員募集

雲仙市の概要

雲仙市は、長崎県の南部、島原半島の北西部に、雲仙普賢岳を取り巻くように位置しています。
橘湾や有明海を望む美しい海岸線や、普賢岳、雲仙地獄といった雄大な自然環境を有し、
日本最初の国立公園である雲仙天草国立公園、及び島原半島県立公園に指定されている
自然豊かな地域です。

豊富な観光資源(自然・景観・食・歴史・体験)のある雲仙市ですが、
①国内外に向けた効果的・戦略的なPR不足
②多様化するニーズに対応するための、各観光資源を複合的に組み合わせた旅行商品の不足
これらの理由から効果的な観光客の誘致に繋がっていません。

そこで、雲仙市では協力隊員が地域を巡回し、地域とのネットワークを図りながら、
地域の隠れた素材を探求し、地域のブランディングやコーディネート等を行うことで、
観光協会等の機能強化を図るとともに、その協力隊員の定住・定着を図るため
「地域おこし協力隊員」を募集します。

日程 2018/03/06(火)締切
開催場所 雲仙市
詳細 ◇雲仙市ホームページはこちら

①募集人員
地域おこし協力隊員(観光地づくり隊員)1名

②応募条件 以下のすべての項目に該当する方
(1)申し込み時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等から雲仙市内に生活の拠点を移し、住民票を移動できる方
(2)申し込み時点で、年齢が20歳以上から概ね40歳までの方
(3)普通自動車免許を有している方
(4)パソコン(文書作成、表計算など)の一般的な操作ができる方
(5)地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことができる方

③勤務地・活動地域
(1)勤務地:雲仙市役所産業部観光物産課
(2)活動地域:雲仙市内

④主な活動内容
(1)ホームページ、ブログ等による地域情報発信
(2)地域資源を活用した滞在コンテンツ及び滞在プログラムの開発
(3)観光振興事業の企画・実施
(4)人材育成や新たな観光事業の開発、観光事業者間の連携促進
(5)その他観光振興の目的達成に必要な業務

⑤勤務時間
週37時間30分程度
勤務1日7時間30分(8時30分~17時00分)、月曜日から金曜日までの週5日勤務を基本とする
※活動内容によっては、夜間・土・日・祝日に勤務することもあるため、上記を超えない範囲で変更する

⑥雇用形態・任用期間
(1)雲仙市の非常勤職員として任用します
(2)雲仙市地域おこし協力隊員として市長が委託します
(3)委託年月日は、平成30年3月から4月頃を予定しており、具体的な日程は応募者と市が協議の上決定します
(4)委託期間は、1年を超えない範囲で市長が定め、3年を限度として延長することができるものとします

⑦賃金等
月額191,400円、通勤手当支給(平成30年度)
退職手当、期末手当及びその他の手当の支給はありません

⑧福利厚生等
(1)社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入します
(2)活動にかかる車両、燃料、パソコン等事務用品等の経費は、予算の範囲内で市が負担します

 
締め切り日 2018/03/06
お申し込み 【応募手続き】
(1)応募受付期限
平成30年3月6日(火)まで郵送で受け付けます(消印有効)
※提出された書類は返却いたしません
(2)応募方法
応募用紙に必要事項を記入の上、住民票を添付し、下記提出先まで郵送してください
[提出先]
〒859-1107 長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地
雲仙市 産業部 観光物産課
担当:室田
TEL:0957-38-3111
FAX:0957-38-3205
E-Mail:suishin@city.unzen.lg.jp

【選考】
(1)第一次選考
書類選考を行い、結果を応募者全員に文書で通知します
(2)第二次選考
一次審査の合格者を対象に、面接を雲仙市で実施します
※詳細は、一次審査結果の通知の際にお知らせします。
(第二次選考に要する旅費は個人負担です。)

 
お問い合わせ 【問い合わせ先】
〒859-1107 長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地
雲仙市 産業部 観光物産課
担当:室田
TEL:0957-38-3111
FAX:0957-38-3205
E-Mail:suishin@city.unzen.lg.jp
その他 【その他】
引越費用(本市への転入・本市からの転出)は個人負担です
また、住居については相談に応じますが、ご本人で契約していただきます