移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

行方市・地域おこし協力隊募集

行方(なめがた)市の概要

行方市は、茨城県の東南部にあり、東京都心から約70km、県都水戸市から約40kmの距離に位置しており、東西約12km、南北約24km、面積は166.33㎢、霞ヶ浦と北浦を含めると222.48㎢となります。

北は鉾田市と小美玉市、南は潮来市に隣接し、東は北浦、西は霞ヶ浦(西浦)があります。地形的には、東西の湖岸部分は低地、内陸部は標高30m前後の丘陵台地(行方台地)により形成されています。霞ヶ浦沿岸部は概ねなだらかで連続的な稜線であるのに対し、北浦側は比較的起伏に富んでいます。

また、霞ヶ浦湖岸の一部は水郷筑波国定公園に指定されており、美しい自然景観を有しています。

今後は、茨城空港開港による観光面の活性化や、東関東自動車道水戸線の開通による、首都圏及び北関東との交流促進や連携強化による地域経済の発展等、飛躍的に向上することが期待されています。

日程 2018/3/2(金)締切
開催場所 行方市
定員 2名
詳細 行方市は、霞ヶ浦・北浦の2つの湖に挟まれた水辺にあり、農水産業が盛んなまちです。また、千年を超えて存続する集落を調査・評価する「千年村プロジェクト」で、本市の住環境が評価され、認証を受けました。この地域資源を生かし、魅力を伝え、まちを変えていけるやる気と行動力のある方を行方市地域おこし協力隊として募集します。

雇用形態
行方市の一般職の嘱託職員として雇用します。

雇用(任用)期間
初年度の雇用(任用)期間は、雇用開始日からその年度末の3月 31 日までとしま す。ただし、各年度終了時に、活動に取組む姿勢やヒアリング等により、次年度更新 について判断します。最大2カ年更新可。

雇用開始の時期
平成 30年5月1日から

活動業務
(1)定住・移住促進業務に関する業務
(2)地域と連携した業務
(3)地域おこし協力隊に関連する活動
(4)自身の本市における定住プランの確立


募集対象
(1)任用日において年齢20歳以40歳未満の方
(2)三大都市圏の都市地域又は、過疎地域を除く三大都市圏の指定都市に現在居住し、採用後に、行方市に生活拠点及び住民票を移すことができる方
(3)普通自動車免許を有する方
(4)パソコン及びSNSでの情報発信等の基本的な操作ができる方
*その他、募集要領のとおり

活動時間
 週4日間(原則)8:30~17:15(*休憩を1時間除いた7時間45分)


賃 金 等
賃金:月額15万円
 社会保険:厚生年金、健康保険、雇用保険
 通勤手当

住 居
家賃・管理費補助 月額4万5千円(上限)
敷金・礼金補助  月額4万5千円(上限)

車 両
公用車貸与


そ の 他
パソコン支給


詳細は、コチラ 
締め切り日 2018/03/02
お申し込み 応募方法
応募期間中に以下の提出書類を全てそろえて、郵送または持参にて提出ください。

(1)行方市「地域おこし協力隊」応募用紙
※ ダウンロードしていただくか、問い合わせ先へご連絡いただければ用紙を郵送いたします。
(2)住民票抄本(平成 30 年2月1日以降発行のもの)
(3)普通自動車免許証の写し(表裏)
(4)履歴書

審査方法
(1)第1次選考【書類審査】
(2)第2次選考【現地視察・面接等】

第1次選考の合格者のみ、面接による第2次選考を実施します。
①現地視察では、市内の主な施設を中心に概ね3時間巡回します。
②面接審査では、表現力・責任感・積極性・協調性などを面談や自己PRなどを通じて審査します。
※ 別途 審査要領を作成
※審査結果については、第1次選考、第2次選考ともに応募者全員に通知します。
お問い合わせ 行方市役所 政策秘書課 まちづくりグループ(担当:中川・亀田)
〒311-3892 茨城県行方市麻生 1561 番地 9
TEL:0299-72-0811
FAX:0299-72-2174
E-メール:name-seisaku★city.namegata.lg.jp(★を@に変えて下さい)
その他 (1)応募に係る経費(提出書類の費用及び面接時の交通費等)はすべて応募者の負担となります。
(2)選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので、予めご了承下さい。