移住関連イベント情報

2018/1/20(土)12:30-15:30 @東京都・有楽町

四国のまんなか移住セミナー&「まんなか暮らし」トークセッション

住むなら四国のまんなか!!
定員30名、参加無料(予約優先)!!

徳島県、香川県、愛媛県のちょうど県境の3つの市で、
移住セミナーを開催します!!

隣接している3市ですが個性は様々。
観光地で暮らす?サテライトオフィスで働く?農業を始める?企業でお勤めする?
皆様は、どういう暮らしをしてみたいですか?
3市が揃っているからこそ、選んで考えることができます。

セミナーでは、それぞれの街の特徴や暮らしの紹介、
先輩移住者とのトークセッション、
特産品を楽しみながらのフリートークなどをお楽しみいただけます。
3市の特産品もプレゼント!

四国に興味のある方、地方暮らしに興味がある方、
ぜひおいでください!

<3市のご紹介>
☆徳島県三好(みよし)市
県内移住者数№1(平成28年度)
「祖谷のかずら橋」や「ラフティング」で知られる一大観光地!
サテライトオフィスの進出などにより、移住者が増えています。
「仕事はデジタル、暮らしはアナログ」な生活ができる地域です。

☆香川県観音寺(かんおんじ)市
新規就農~独立を目指しませんか!
「銭形砂絵」と海・山・川の自然あふれるまち「かんおんじ」
農業生産法人が多く、全国から就農希望者を受け入れています。
新規就農者向けの家賃・住宅取得補助や市独自の補助制度が充実!
第2子以降の保育料・給食費が無料など、子育て世代にもやさしいまちです。

☆愛媛県四国中央(しこくちゅうおう)市
日本一の紙のまち!
「書道パフォーマンス甲子園」発祥のまち「しこちゅ~」
紙関連をはじめ、4,500を超える事業所があり、仕事探しは心配無用です。
「紙おむつ助成」など子育て支援も充実しています!

日程 2018/1/20(土)
開催時間 12:30-15:30
開催場所 東京交通会館8階 NPOふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1
定員 30名
参加費 無料
参加自治体・参加団体 徳島県三好市・香川県観音寺市・愛媛県四国中央市
詳細 <セミナースケジュール>
12:15-12:30 受付
12:30-12:45 四国まんなか暮らしの魅力紹介
12:45-14:15 先輩移住者3名との「まんなか暮らし」トークセッション
14:15-15:30 参加者フリートーク(特産品紹介・試食)
15:30    終了

<トークセッションゲスト/先輩移住者プロフィール>
☆徳島県三好市 佐藤 実希子(さとう みきこ)さん
ヨガ講師
知人の紹介により、2016年12月、東京から移住。
三好市の移住支援制度(空き家バンクや空き家改修補助金など)
を活用し、標高600メートルを超える秘境にて、自宅兼ヨガサロン
「天空のYOGAサロン6.2.3.庵」を開設。
現在は、東京と三好の2拠点で活動し、三好市では雲海を望みながら、
少人数でヨガ・瞑想に浸る時間を提供している。

☆香川県観音寺市 浦 達生(うら たつお)さん
レタス農家
美大出身のご夫婦が自分の力だけを頼りにできる仕事は何かと考え、
行き着いたのが「農業」だった。達生さんも奥さんの聡子さんも、
香川県に縁はなかったが、素人が農業を始めるための近道だと、
農業法人の多い観音寺市に移り住み、2年間の修行を経て独立。
現在は、総面積4ヘクタールの田畑を持ち、夫婦で農業経営をしている。

☆愛媛県四国中央市 玉木 洋平(たまき ようへい)さん
製紙メーカー勤務
現在の勤務先である三木特殊製紙(株)への就職を機に移住。
「日本一の紙のまち」といわれる四国中央市でも、
特殊な紙のメーカーで、2年半製造の工程作業員を経験し、
営業部へ転属となる。
現在は、製造部でのものづくりの経験を生かし、
ユーザーニーズにマッチングする紙・不織布製品の提案、
開発営業を行っている。
締め切り日 2018/01/20
お申し込み 四国まんなか交流協議会事務局(観音寺市政策部企画課)担当:合田(ごうだ)
mail:kikakuchosei@city.kanonji.lg.jp
fax:0875-23-3920
お申込はメールまたはfaxでお願いします。
お申込時には以下の①~⑥をお知らせください。
<お申込時にお知らせいただきたいこと>
①氏名 ②年齢 ③住所 ④電話番号 ⑤メールアドレス ⑥参加人数
お問い合わせ 四国まんなか交流協議会事務局(観音寺市政策部企画課)担当:合田(ごうだ)
mail:kikakuchosei@city.kanonji.lg.jp
fax:0875-23-3920 tel:0875-23-3917