移住関連イベント情報

@福島県・南相馬市

【福島県南相馬市】小高区まちなかのコミュニティ・クリエイト人材募集

~ 小高区の現状 ~
南相馬市小高区は、昨年7月に原発事故に伴う避難指示が解除されましたが、居住者の半数以上は65歳以上の高齢者であり、若い世代による地域活動や従来の隣組における住民同士の互助(結い)機能しておらず、地域コミュニティの崩壊が問題となっています。

一方で、避難指示の解除を受けて、JR常磐線の再開をはじめ、コンビニや飲食店、民間医療機関等といったインフラや生活関連サービスの復旧が進み、さらに本年4月から小中学校が再開し、県立小高産業技術高等学校が開校したことに伴い、日中の居住人口は震災前の約3割程度まで回復しています。

従来、南相馬市小高区は、小高駅を中心とした市街地(まちなか)に、学校・病院・商店・公共施設等がコンパクトに形成され、小高区全体の賑わいをけん引してきました。

これらの背景も踏まえ、ゼロベースによる新たなまちづくりの視点を持ちながら、小高区の地域コミュニティを再生・再構築するため、まちなかを中心とした高校生によるまちづくりへの参画や小高区の再生・復興のシンボルとなる復興拠点施設の活用など、「まちなかのコミュニティ・クリエイト」に取り組みます。

詳細

1_コミュニティ・カフェのマネジメント
地域住民が集える居場所をつくるため、手作りのキッチンカーによるコミュニティ・カフェ(オムスビ)が小高駅前にオープンしています。その運営に携わりながら、ワークショップやイベントを実施し、地域コミュニティの再生・再構築を推進していただきます。

2_高校生の居場所作り、まちづくりへの多世代参画サポート
本市では、高校生が小高区を活気づけることを目的に団体(LLO)を立ち上げ、市へのまちづくりの提案や実践活動をしています。また、今年4月には小高産業技術高等学校が開校し、多くの生徒が小高駅を利用し通学する中、高校生と一緒に居場所作りとまちづくりへの参画について企画していただきます。

3_ 復興拠点施設を活用したソフト事業のデザイン
小高区の再生・復興を実現するため、平成30年秋の完成を目指し、利便性の高い市街地の中心部に復興拠点施設を整備します。この施設において、多世代が交流することで賑わいと活気の創出ができるよう、必要なソフト事業をデザインし、小高区内のプラットホーム化に取り組んでいただきます。

4_各コミュニティ・ビジネスのトータル・コーディネート、情報発信
小高区では、様々な市民グループや事業者が、それぞれの特色を活かしてソーシャル・ビジネス等に取り組んでいます。これらの活動が全体を通して効果的に展開され、市内外に魅力的に伝わるよう、全体調整や情報発信に取り組んでいただきます。

隊員には、主にキッチンカーによるコミュニティ・カフェ「オムスビ」(https://www.facebook.com/odakao.msb/)の運営に携わりながら、原発事故からの復興という前例のない挑戦を続ける小高区のコミュニティ再構築に向けた上記業務に取り組んでいただきます。

要項等詳細につきましては、市ホームページをご確認ください↓
http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/6,35220,35,html
締め切り日 2017/07/21
お問い合わせ 南相馬市 復興企画部 移住定住推進担当
〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町2-27
電話:0244-24-5269 FAX:0244-23-2511
E-mail:shienteiju@city.minamisoma.lg.jp