移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

稼げる農業教えます!人生の多様性を学び考える旅

元農水省官僚がなぜ?農家になったのか

「農業はやった分だけ返ってきます。」
安定した地位をして、Iターンで福島へ移住。荒れ果てた耕作放棄地を開墾し有機農業をスタート。クラフトビール製造やワイナリー立ち上げなど様々な事にチャレンジする関元弘さんのところへ「稼げる農業の話」を聞きに行ってみませんか。

こんな方におすすめです!

◎農業は稼げないと思っている方
◎有機農業や醸造に興味のある方
◎仕事でモヤモヤしている方
◎今の生活に違和感を感じている方

1対1でじっくり話ができます!

日程オーダー型なので、希望の日をお知らせください。関さんの都合と調整して、催行の可否をご連絡いたします。
1名様からお申込み催行が可能です。
気さくな関さんが1日お付き合いをいたします。

日程 2019/10/15(火)~2020/3/31(火)
開催場所 福島県二本松市東和地区
定員 1名様から
参加費 5,500円(現地移動費、体験受入費)
※二本松までの交通費は別途自己負担となります。
詳細 ◎ホストの関元弘さん

1971年東京都生まれ。元農林水産省の官僚。在職中の1999年、人事交流で福島県東和町役場へ出向。2004年農水省を退職。新規就農を志し、2006年9月に同僚だった妻の奈央子さんと二本松市東和地区へ移住し「ななくさ農園」を開園。

2008年有機JASの認定を受け、2011年には、安達郡内の有機農家達と「オーガニックふくしま安達」を設立し、首都圏等への組織的出荷を開始。
また、同年に農業の6次化を目指し、酒類製造免許を取得「ななくさナノブルワリー」として、地域オリジナル発泡酒の製造も始める。

更に、2012年には、地域内の農家と共に「ふくしま農家の夢ワイン株式会社」を設立し、東和オリジナル果実酒の製造を行い、地域活性化起爆剤となるべく地元農家と奮闘中。
2013年3月、茨城大学名誉教授 中島紀一先生を塾長に迎え、「あぶくま農と暮らし塾」を設立、地域内外の者が共に学び交流する活動にも取り組んでいる。
お申し込み こちらから
お問い合わせ あうたび合同会社
東京都知事登録旅行業第2-7472
東京都北区赤羽1-59-8ヒノデビル4階
TEL03-6356-4461
その他 ・日帰り(10:30~15:30 約5時間)
・集合場所:二本松駅
(駅まで関さんが迎えに来てくださいます。)