移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

第15回ふるさと回帰フェア 前夜祭シンポジウム

地方暮らしの「今」がわかるトークイベント!

社会問題となって久しい「ロスジェネ(ロスト・ジェネレーション:失われた世代)」。
バブルの恩恵を受けることもなく、就職氷河期を乗り越えた彼らがなぜ地方に向かったのか。
2019年のふるさと回帰フェア前夜祭シンポジウムは、
Uターン、Iターン、そして孫ターンをしたロスジェネ世代ど真ん中の地方移住実践者を招き、
それぞれの生き方から、人口減少期に入った日本再生のヒントをつかみたいと思います。

基調講演「若者のローカル志向と人口減少社会のデザイン」

京都大学こころの未来研究センター教授の広井良典氏をお迎えし、基調講演をいただきます。

広井 良典 氏
(京都大学こころの未来研究センター教授)
 1961年岡山市に生まれる。1984年東京大学教養学部卒業(科学史・科学哲学専攻)、1986年同大学院総合文化研究科修士課程修了。厚生省勤務をへて、1996年より千葉大学法経学部助教授、2003年より同教授、この間(2001〜02年)マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。2016年より現職。専攻、公共政策、科学哲学。著書に『日本の社会保障』(岩波新書、エコノミスト賞受賞)、『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書、大佛次郎論壇賞受賞)、『ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来』(岩波新書)など。

 

 

パネルディスカッション

ロスジェネ世代の移住実践者をお招きしたパネルディスカッションで、「なぜ、いま若者は地方をめざすのか」を照射します。
▼パネリスト
市来 広一郎 氏 株式会社machimori代表取締役(静岡県熱海市)【Uターン】
阿部 裕志 氏  株式会社風と土と代表取締役(島根県海士町)【Iターン】
柴田 さほり 氏  一般社団法人信州いいやま観光局(長野県飯山市)【Iターン】
▼コメンテーター
広井 良典 氏  京都大学こころの未来研究センター教授
▼コーディネーター
嵩 和雄   NPOふるさと回帰支援センター副事務局長

参加のお申込みはふるさと回帰フェアWebサイトから!

本イベントは事前予約制です。
ふるさと回帰フェア公式Webサイトから、専用メールフォームでのお申込みをお願いいたします。

▼お申込みはこちらから!▼
ふるさと回帰フェア2019
(トップページの「前夜祭参加申し込みはこちら」より申込フォームへお進みください)

日程 2019/09/06(金)
開催時間 18:00-20:30
開催場所 有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F

会場アクセス
参加費 無料
詳細 ふるさと回帰フェア前夜祭シンポジウム
▼詳細はふるさと回帰フェア特設サイトをご覧ください▼

開催時間 18:00~20:30
     (開場 17:30)
<第
1部> 1810〜1900
基調講演:「若者のローカル志向と人口減少社会のデザイン」
広井良典 氏(京都大学こころの未来研究センター教授)
<第2部> 1910〜2030
パネルディスカッション
お申し込み ふるさと回帰フェア2019公式ホームページよりお申込みください。
https://www.furusatokaiki.net/fair/2019/

(トップページの「前夜祭参加申し込みはこちら」より申込フォームへお進みください)
お問い合わせ NPO法人ふるさと回帰支援センター
ふるさと回帰フェア事務局

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館10階
TEL 03-6273-4415 FAX 03-6273-4025
E-mail:fair-info@furusatokaiki.net