移住関連イベント情報

このイベントは終了しました

天栄村ふるさと子ども夢学校の農家支援 子どもたちに安全なお米をつなぐプロジェクト 「田んぼのパートナー制度」

天栄村ふるさと子ども夢学校の農家支援
子どもたちに安全なお米をつなぐプロジェクト

「田んぼのパートナー制度」
米づくりの研究を支援して、
生産者と一緒に子どもたちに未来を引き継ぐ準備をしてもらえないでしょうか?

現在、天栄米栽培研究会では、国の研究機関と連携して実践ベースで、放射性物質の吸収抑制の研究を行っています。
先進的に動いている天栄米栽培研究会の活動を知って、研究機関の方から、天栄米栽培研究会の事務局に連絡があったと聞きました。

まだ、お米づくりが出来るか分からない3月30日。
研究会の臨時会議が開かれました。

農家がお米をつくらなかったら負けだ!
こんな時だからこそ、安全・安心なお米を作って日本一を目指す。
天栄村は国が定める避難対象区域でもない。
補償対象区域でもない。

補償に頼ってばかりはいられない。
自分達でできることをして、農家として誠実なお米づくりをしたい。
うそをつかない。

このような状態になって、その心意気の高さに驚かされました。
同時に、安心感も生まれました。

大きな補償を求める運動よりも、
出来ることから研究している生産者を支援したい。

生産者と消費者が一緒になって食の未来を築いていくことが、
子どもの未来を育むことにつながると思います。

一緒に未来を築いてくださるパートナーを募集します!!

天栄村01天栄村02

日程 随時
詳細 前払いで1口1a15,000円で田んぼの環境再生の研究を支援してください。
その代償として、研究して栽培したお米(特別栽培米)を30kgリターンします。
栽培記録管理表も一緒にお送りします。

国の基準値を超えた場合、支援金の返金を希望する方には返金いたします。

とりあえずの目標は、
・研究会の人数21名
・田んぼ1枚の面積30a
ということで、研究会のみなさんが思いっきり研究に取組めて、
顔のみえる関係が構築できるように630口募集します。

少しでも子どもに安心できるお米を未来につなげられるように、このような形ですが、
少しずつでも広がっていきますように。

【支援金振込先】
すかがわ岩瀬農業協同組合 天栄支店
普通 0024471
天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会
会 長 添田正男
お問い合わせ 天栄村ふるさと子ども夢学校
担当  義元
〒962-0503
福島県岩瀬郡天栄村下松本字原畑27
天栄村商工会内事務局
TEL:0248(82)2709
FAX:0248(82)2105
E-mail:tenei.kaokome@gmail.com[田んぼのパートナー制度専用アドレス]
HP :http://yumegakkou.com/(現在、夢学校の農家支援のページ作成中)